NEW

香港競馬「JRA」を反面教師に警告!? 「日本のようになるな」香港国際競走「地元勢全勝」の快挙も手放しで喜べない理由

【この記事のキーワード】, , ,

香港はスプリントやマイルのカテゴリーにおいて世界から高い評価を受けていますが、近年では2000mの香港Cを地元勢が連覇。そして今年は2400mの香港ヴァーズも5年ぶりに勝利しました。

香港競馬「JRA」を反面教師に警告!? 「日本のようになるな」香港国際競走「地元勢全勝」の快挙も手放しで喜べない理由の画像2ジャパンCで本来の走りができなかったカプリ

無論、香港競馬に携わる人々の努力の賜物といえますが、その一方で他国の陣営からすれば勝てなくなる、つまりは賞金を得られる可能性が低くなればなるほど、遠征する魅力は失われますよね……。

その成れの果てが、日本のジャパンCというわけです。我々日本人からすれば悲しい限りですし、国内だけでなく世界からもそう見られている”現実”を突き付けられたということになります」(競馬記者)

 12月の香港国際競走には毎年多くの海外馬が参戦しており、10月に行われるフランスの凱旋門賞(G1)や米国のブリーダーズCシリーズを経由し、11月のジャパンCをスキップして参戦する外国馬も数多い。

 言い換えれば、欧州競馬のオフシーズンに世界の有力馬を招待したいアジア圏の争いにおいて、日本は香港に大きく後れを取っているというわけだ。

 しかし、そんなガラパゴス化(孤立した環境になる)の懸念をまったく気にしていないのか、今年も日本中央競馬会(JRA)は欧州とは大きくかけ離れた超高速馬場でレースを敢行。当日には2歳の未勝利戦がレコードを更新し、ジャパンCは2:20.6の世界レコードで決着した。

 その優勝馬アーモンドアイの強さが大きく称えられた一方、本馬が来シーズンの目標に挙げているのが、日本競馬が悲願として掲げている凱旋門賞。今年、エネイブルが2:29.24で制したレースだ。同じ距離なのに約9秒ものタイム差がある「別世界」のレースだ。

香港競馬「JRA」を反面教師に警告!? 「日本のようになるな」香港国際競走「地元勢全勝」の快挙も手放しで喜べない理由のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由