NEW

【有馬記念(G1)展望】武豊オジュウチョウサンVS王者レイデオロ!! 2018年競馬の総決算を制すのは「夢」か「現実」か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【有馬記念(G1)展望】武豊オジュウチョウサンVS王者レイデオロ!! 2018年競馬の総決算を制すのは「夢」か「現実」かの画像1

 よく「競馬」を人生に例える人がいるが、競馬ほど人生のように「現実」と「夢」がせめぎ合うものが他にあるだろうか。我々のような競馬の虜になったファンは、毎週のように手堅い「現実」を選択しながらも、一方で捨て切れない一獲千金の「夢」を追って一喜一憂する。

 サトノダイヤモンドのような何億もする馬が当然のように「現実」を示せば、その一方でキタサンブラックのような常識の測りを超えた「夢」が唐突に出現することもある。2頭は2016年の有馬記念(G1)で激突――歴史的な叩き合いは、クビ差で”現実”が制した。

 あれから2年。2018年の競馬を締めくくる有馬記念で、再び「現実」と「夢」の結晶のような2頭が激突する。1年前、この2頭がグランプリで頂点を競うことになることを、一体誰に予測できただろうか。

 最強牡馬の自信は揺るがない。いつも日常的、恒久的に”結果”を示し続けるからこそ、それは「現実」と称されるのだ。連勝中の天皇賞馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)と勝利請負人C.ルメールが、全国のリアリスト達にいつも通りの「競馬の現実」を示す。

【有馬記念(G1)展望】武豊オジュウチョウサンVS王者レイデオロ!! 2018年競馬の総決算を制すのは「夢」か「現実」かの画像2

 昨年の日本ダービー(G1)で世代の頂点に立ったレイデオロは、秋のジャパンC(G1)でも当時の現役最強馬キタサンブラックに先着を果たすなど競馬界の将来を担う存在だった。しかし、この春は単勝1.6倍の京都記念(G2)で躓くと、ドバイシーマクラシック(G1)でも4着と完敗……期待された結果を残せずに前半戦を終えたが、早めに休養に入ったことが秋の”復活”につながる。

 復帰戦のオールカマー(G2)で同世代の皐月賞馬アルアインとの一騎打ちを制すと、前走の天皇賞・秋(G1)を完勝。好位からまったく危なげなく押し切る「王者の競馬」が帰ってきた印象だ。

【有馬記念(G1)展望】武豊オジュウチョウサンVS王者レイデオロ!! 2018年競馬の総決算を制すのは「夢」か「現実」かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!