NEW

武豊が「ルメールの特別な2018年」を語る。「不滅の大記録」年間最多212勝”消滅”目前の天才が語ったレジェンドの矜持

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊が「ルメールの特別な2018年」を語る。「不滅の大記録」年間最多212勝消滅目前の天才が語ったレジェンドの矜持の画像1

「こんなに特別な1年はなかった」

 今年の競馬界の「主役」は、間違いなくC.ルメール騎手だった。『スポーツ報知』のインタビューに、自己最多勝記録を更新した2018年を振り返ったフランス人騎手にはまだ、前人未到の大記録更新の可能性が残されている。

 その筆頭が、武豊騎手が2005年に記録した年間最多212勝だ。偉大なレジェンドが叩き出した当時は「仮に更新されるなら、武豊本人にしかあり得ない」とまで言われた永久不滅の大記録。それが13年後、武豊以外の騎手に破られるかもしれないとは、誰が想像しただろうか。

 現在205勝を上げ、記録更新まで「あと8勝」に迫っているルメール騎手。残すは今週末の2日と、ホープフルS(G1)が行われる28日の3日間だ。武豊騎手が記録を出した2005年の0.248を大きく上回る勝率0.275のルメール騎手ならば、十分に射程圏といえるだろう。

 またルメール騎手は、すでにJRAが主催するG1・8勝と年間G1最多勝記録を更新。必然的に賞金ランキングでもライバルを圧倒しており、武豊騎手が持つ年間最多獲得賞金の更新も目前に迫っている。

 武豊騎手の記録は、やはり2005年の44億1404万2000円。ちなみにG1はディープインパクトのクラシック三冠を始め6勝だった。現在、ルメール騎手は43億9733万7000円まで迫っており「あと1670万5000円」。順当に行けば、ほぼ確実に更新できる状況だ。

武豊が「ルメールの特別な2018年」を語る。「不滅の大記録」年間最多212勝”消滅”目前の天才が語ったレジェンドの矜持のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!