NEW

パチスロ「700枚オーバー?」に続く期待……超大物パチンコでも快進撃の予感!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「700枚オーバー?」に続く期待......超大物パチンコでも快進撃の予感!?の画像1

 12月17日、かつて大ブームを巻き起こした『AKB48』最新作がホールへ登場。『CRぱちんこ AKB48-3 誇りの丘』は、他を圧倒する稼働を見せている。

 シリーズの良さを踏襲しつつも新要素が取り入れられている本機。強烈な出玉ループを実現した点も、大きな反響が寄せられている要因だろう。

 同日にはパチンコ界の大物『牙狼』最新作もデビューを果たした。シリーズ最初で最後の「2400発」搭載マシンである本機が、快進撃を見せられるかに注目が集まっている状況だ。

 来年1月には『ルパン三世』が導入予定。満を持して登場する『CRルパン三世~LAST GOLD~』を”最後のビッグコンテンツ”と評する声は多い。

 そんな本機のスペックは、大当り確率約1/319.6の確変ループタイプ。確変継続率は60%となっているものの、右打ちの「70%が2400発(16R)」と出玉力は現行スペックで最高水準を誇る。大当り後は必ず時短100回が付与されるため、引き戻しに期待できる点も大きな魅力だ。

 長きに亘りホールを盛り上げてきたシリーズ機。今後もホールを大いに盛り上げてくれそうである。

「今後も『北斗の拳』や『海物語』といった、人気作品の新規則機がデビューを控えています。最新作がデビューしたばかりの『牙狼』も注目を集めていますね。先日、発表された『PA設定付牙狼GOLDSTORM翔RH』は、甘デジスペックの設定付きタイプ。高低の差を上手く活かした仕様と評価する声が目立ちます。

以前のように”コンテンツ力”だけでヒットさせることは難しい時代ですが、シリーズ機は一定のファンを持っていますからね。新規則機としても存在感を示してくれそうです」(パチンコライター)

 各メーカーより続々と新規則機が発表されている状況。業界を代表する人気コンテンツも発表されており、ユーザーからは熱い視線が注がれている。

 その中には、新たな客層を呼び込んだ”レジェンド”も存在。パチスロ・パチンコ両分野から新機種が発表されそうな気配だ。

パチスロ「700枚オーバー?」に続く期待……超大物パチンコでも快進撃の予感!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!