NEW

JRA有馬記念(G1)「大波乱」超強力サイン!? 武豊オジュウチョウサン激走へ「伝説の大穴馬」が遺した暗示とは

【この記事のキーワード】, , ,
JRA有馬記念(G1)「大波乱」超強力サイン!? 武豊オジュウチョウサン激走へ「伝説の大穴馬」が遺した暗示とはの画像1

「驚きました! テンジンショウグンです! もう一度言います、テンジンショウグン!」

 19日、1998年の日経賞(G2)を制したテンジンショウグンが、繋養先のローリングエッグスクラブで死亡していたことがわかった。28歳の大往生だった。

 テンジンショウグンといえば、穴騎手・江田照男とのコンビで大波乱を起こした日経賞が思い出される。12頭中12番人気の単勝355.7倍は当時の重賞史上第3位。7番人気のシグナスヒーローと演出した馬連、枠連は当時の記録を塗り替えた。

 レースは最下位人気にも関わらず、シグナスヒーローに1馬身1/4差をつける完勝。実況も思わず「驚きました! テンジンショウグンです! もう一度言います、テンジンショウグン!」と言い直すほどの衝撃だった。

 昨年放送終了となった人気バラエティー『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日)で「伝説の大穴職人」として江田騎手が取り上げられた際、番組恒例の「新・3大〇〇」として最初に挙げられたのが、やはりこのテンジンショウグンの日経賞。そういった経緯もあって、本馬は重賞こそ1勝に終わったが、実績以上にファンの多い馬だった。

 また、このニュースが今週末23日に行われる有馬記念(G1)で「大波乱が起きるサイン」と受け取っている敏感なファンもいるようだ。毎週、本サイトでサイン記事を担当している記者は言う。

「テンジンショウグンは今でも語り草になるほどの伝説的な穴馬ですし、勝った日経賞は有馬記念と同じ中山・芝2500mのレース。そんな名優が亡くなったのは現役時代を知っている僕も寂しい限り……ですが、有馬記念を目前に控えたこのタイミングというのは、職業柄『何かあるんじゃないか』と考えてしまいます。

JRA有馬記念(G1)「大波乱」超強力サイン!? 武豊オジュウチョウサン激走へ「伝説の大穴馬」が遺した暗示とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇