NEW

JRA有馬記念(G1)はダービー馬!? 桃井はるこvs楠原安里梨、平成最後の対決!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA有馬記念(G1)はダービー馬!? 桃井はるこvs楠原安里梨、平成最後の対決!?の画像1

 23日に中山競馬場で暮れの祭典・有馬記念(G1、芝2500m)が開催される。今年はレイデオロ、シュヴァルグラン、モズカッチャンなどのG1馬が揃い、さらには最強障害馬・オジュウチョウサンも挑戦するとあって、例年以上の注目を集めている。この有馬記念を読み解くべく、今回はGJレギュラーである桃井はるこさんと楠原安里梨さんの対談を企画! ふたりの競馬アイドルは、平成最後の有馬記念がどのような結末を迎えると考えているのだろうか?

――おふたりの対談は今回で2度目。前回の菊花賞の対談の際には、桃井さんが名前をあげた馬が見事に上位に入りましたね。

桃井はるこ:前回はズバリと当たりました。今回も前回同様、ブレることなく”自分の競馬”をしたいです!!

楠原安里梨:私は残念な結果に終わりました……。でも最近は好調で先週のターコイズS(G3)も的中。荒れたので、結構な払戻金がついて本当にうれしかったです。有馬記念もしっかりと当てて気持ちよく年を越したい!

桃井はるこ:あの難しかったレースを当てるとは……。恐るべし。でも、負けないゾ!!!

――おふたりとも気合十分のようですね。では、本命からおうかがいしましょう。桃井さんからお願いします。

桃井はるこ:私は出走馬の過去のレース映像を見ながら、どの馬が上位に来るかを考えます。でも、そのときに何を指針にしていいかわからなくなるときがあるんです。

 だから最近は鍵になるであろうテーマを決めるんです。今回は【リピーター】【復活】【コース適性】の3つ。それらから見出した私の本命は、マカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)。鞍上は岩田康誠騎手です。

 マカヒキは2年前のダービー馬です。負けたとはいえ凱旋門賞(仏・G1)に挑戦した経験もあります。今回『netkeiba.com』の事前オッズでは、12番人気と予想されていますが、これはいくらなんでも軽視しすぎ。

 武豊騎手が騎乗した前走の天皇賞・秋(G1)は、出遅れた上にハイペースのレースだったため、脚をためることができずに7着。ですが、もう少し距離が長ければ、結果は違った気もするんです。

 鞍上は有馬記念では岩田騎手です。岩田騎手は今年の天皇賞・春(G1)にレインボーラインで渾身のイン突きを見せて勝利。近年は精彩を欠いているとも言われていましたが、復調気配です。

 そして今回は平成最後の有馬記念。平成は、騎手では武豊騎手が中心だったと思いますが、馬主ではディープインパクトらを所有する『金子真人オーナー』の時代だったのではないでしょうか。今回の有馬記念では、その金子オーナーの馬はマカヒキ1頭のみ。その時代の締めくくりとしてマカヒキの一撃、ダービー馬のプライドに期待したいですね。

 ……というのが私の考えなんですけど、楠原さんはどの馬が本命なんですか?

JRA有馬記念(G1)はダービー馬!? 桃井はるこvs楠原安里梨、平成最後の対決!?の画像2

楠原安里梨:いつも理論武装がすごいですよね……。私の本命は、レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)です。

桃井はるこ:あっ! レイデオロは私の3番手です!!

――ここでかぶりましたね。では、まず楠原さんの見解を聞いてから、後々桃井さんにうかがいましょう。

楠原安里梨:(笑)。まだ枠が出てないですけど(取材時:12月19日)、一昨年のホープフルS(当時G2)、今年のオールカマー(G2)の走りを見ても、中山競馬場の適性は十分ありそうです。このメンバーならば3着内は堅いはずです。

 今秋はジャパンCを回避。余裕を持ったローテーションで有馬記念を迎えることができました。1週追いの動きも軽やかに見えましたし、順調に来ているようです。ここは外せない。

――ふたりとも本命はダービー馬となりました。では続く、2番手をお願いします。

JRA有馬記念(G1)はダービー馬!? 桃井はるこvs楠原安里梨、平成最後の対決!?のページです。GJは、インタビュー、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 総合
  1. 日本一有名?なパチンコ店が廃業か… 「祝日=全台高設定」「タクシー無料」独特な営業方針で話題に
  2. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  3. パチスロ「期待値だらけ」⁉ 狙える6号機ランキング最新版
  4. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  5. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. パチンコ新台「僅か3連=万発」の超一撃特化マシンに期待大! 最強レベルの連チャン機など話題作が続々!!
  7. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  8. パチンコ新台「ハイスピード96%継続」が見参! 超ヒット爆裂機との対決に注目!!【谷村ひとしパチンコ実戦記】
  9. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  10. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練