NEW

JRA有馬記念(G1)武豊オジュウチョウサン「不気味」……見逃せない季節外れの桜?美浦新鮮情報てんこ盛り

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末に開催される競馬の祭典・有馬記念(G1・芝2500m)。暮れの大一番を制するべく、管理馬が出走を控える美浦の各陣営は慌ただしい日々を送っているようだ。今回はその『美浦』の関係者たちより届けられた【(秘)情報】の中からピックアップした、注目すべき馬をご紹介しよう。

JRA有馬記念(G1)武豊オジュウチョウサン「不気味」......見逃せない季節外れの桜?美浦新鮮情報てんこ盛りの画像1

 まず、最注目されているオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)は外せない。

 9連勝中だった最強障害馬が今夏、平地挑戦を表明。約4年ぶりの平地戦となった前々走の開成山特別(500万下)を3馬身差で勝つと、続く南武特別(1000万下)では後続の追撃をしのぎ半馬身差で勝利。

 始めは夢物語だと思われていた最強ハードラーの挑戦は、日が経つに連れて現実味を帯び始め、ついにファン投票で3位に入り、有馬記念への優先出走権を獲得。夢を現実のものとしてみせた。

「ついに有馬記念。陣営は万感の思いを抱いているのではないでしょうか。実は前走後、有馬記念を前に1戦挟むはずだったのですが、反動が大きかったため、予定を変更して放牧に出されました。このおかげでリフレッシュでき、疲れも抜けたようです。

 今週の追い切りは美浦・Wコースで併せ馬。僚馬を5馬身後ろから追走し、伸びのある脚で最後は併入しました。重心が低く乱れのないフォームでいい走りを見せてくれています。

 ”常識”で考えると厳しい戦いになりますが、オジュウチョウサンは障害やこれまでの再転向後も、関係者たちの想像を超えるほどの活躍をしてくれました。奇蹟を起こせるとすれば、この馬以外いないでしょうね」(美浦関係者・A)

JRA有馬記念(G1)武豊オジュウチョウサン「不気味」......見逃せない季節外れの桜?美浦新鮮情報てんこ盛りの画像2

 鞍上を務める武豊騎手は自身の公式サイトの日記で、厳しい戦いにはなるものの、「有馬記念ぐらいは大きな夢を見るという選択もあるはずです」「どんな競馬になるのか、ボク自身が一番楽しみに感じています」と胸の内を綴っている。

 そしてその誰よりも頼りになる相棒は1枠1番の絶好枠を引き当てた。大波乱が起こるお膳立ては整った。

JRA有馬記念(G1)武豊オジュウチョウサン「不気味」……見逃せない季節外れの桜?美浦新鮮情報てんこ盛りのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!