Business Journal  > GJ  > 麻雀  > 有馬記念(G1)多井隆晴  > 2ページ目
NEW

有馬記念(G1)多井隆晴が大本命レイデオロに下した決断! 2018年大躍進「最速最強」Mリーガーが今年最後の大勝負!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――今年の競馬はどうでしたか。

多井:色々、印象に残ってるレースはあるんですけど、やっぱり1番はアーモンドアイのジャパンCですね。あの馬はケタ違い。ジャパンC(G1)のレコード2.20.6でしたっけ!? 昔は東京2400mのレコードって、ホーリックスとオグリキャップの"2並び(2.22.2)"って覚えてたのに凄すぎますよね。ただ、この秋のG1はずっと堅くないですか?

――アーモンドアイを筆頭に1番人気がとにかく強い印象ですね。人気薄が勝ったのはフィエールマンの菊花賞(G1)くらいですね。

多井:でも、それもルメールでしょ。ずっと外国人騎手が勝ってるし、もうちょっと荒れてくれないと。

――ということは1番人気が濃厚なルメール騎手のレイデオロはバッサリと......。

多井:いえ、本命「◎」で行かせていただきます(笑)。

有馬記念(G1)多井隆晴が大本命レイデオロに下した決断! 2018年大躍進「最速最強」Mリーガーが今年最後の大勝負!?の画像2

――ええっ!?(笑)

多井:やっぱり今年最後ですから「当てて終わりたい」と。僕的にはもっと穴寄りの予想もしたいんですけど、今の堅い「流れ」に逆らっちゃダメです。流れは掴むものですから。

前回のジャパンCの時にルメールのアーモンドアイを切って、酷い目に遭ったじゃないですか。この企画をやりだしてから、競馬ファンの人にも声を掛けられるようになったんですけど、この間「多井さん、アーモンドアイ消すのはあり得ないですよ!」ってお説教されちゃって......(笑)あれはオッズ的に泣く泣く切ったんですけどね。

――予想は◎のスワーヴリチャードが3着で、△のキセキが2着、▲のシュヴァルグランが4着と、アーモンドアイに勝たれてしまった以外は、ほとんど完璧だった。

多井:そうそう......だから同じ過ちは繰り返したくない。それにレイデオロは1番人気でしょうけど、アーモンドアイほどは人気にならないはず。この馬は天皇賞・秋を勝った後にジャパンCをパスしてるんですけど、結果的に余裕を持ったローテーションがいい感じですよね。

――ここまで日本ダービー(G1)、天皇賞・秋(G1)と東京が強いイメージがあります。

有馬記念(G1)多井隆晴が大本命レイデオロに下した決断! 2018年大躍進「最速最強」Mリーガーが今年最後の大勝負!?のページです。GJは、麻雀、レイデオロ多井隆晴有馬記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!