NEW

【ホープフルS(G1)展望】有馬記念後「賛否呼ぶ」2歳王者決定戦!威風堂々・超良血サートゥルナーリア出陣!

【ホープフルS(G1)展望】有馬記念後に「賛否呼ぶ」2歳王者決定戦!威風堂々・超良血サートゥルナーリア出陣!の画像1サートゥルナーリア(キャロットクラブ公式サイトより)

 28日には、中山競馬場で今年最後のJRA・G1ホープフルSが行われる。

 競馬の総決算・有馬記念(G1)後にG1を開催することに賛否両論が付きまとっているこのレース。G2最後の優勝馬レイデオロがダービー馬となり、G1最初の優勝馬タイムフライヤーが不振に喘いでいるのは、何とも皮肉なところだ……今年は後の大物を送り出すことができるだろうか。

 大物という点では、ここまで間違いなく「G1級」とスケールの大きさを見せているのが、2戦2勝のサートゥルナーリア(牡2歳、栗東・中竹和也厩舎)だ。

 母に日・米オークスを制したシーザリオ、兄にG1・2勝のエピファネイア、2歳王者のリオンディーズを持つ超良血馬がいよいよG1獲りへ、そのベールを脱ぐ時がやってきた。

 デビュー戦で先週の朝日杯フューチュリティS(G1)で5着に善戦したディープダイバーを子供扱いして単勝1.1倍の圧倒的な人気に応えると、前走の萩S(OP)でもほぼ馬なりのまま完勝。まったくスケールの底が見えておらず、その血統背景からも期待が膨らむばかりだ。

 断トツの1番人気が予想されるが、あえて課題を挙げるとすれば、今回が初めて多頭数の競馬になることか。朝日杯FSでも圧倒的な人気を背負ったグランアレグリアが敗れるなど、類稀なる能力を持つ馬でも、キャリアの浅さから意外なモロさを見せるのが2歳戦。逆に述べればここを楽勝するなら、まずは本馬が来年クラシックの中心に躍り出るということになりそうだ。鞍上は兄の手綱も執ったM.デムーロ騎手が務める。

 スケールこそ一歩譲るが、実績面ではニシノデイジー(牡2歳、美浦・高木登厩舎)が紛れもなくNo.1だ。

【ホープフルS(G1)展望】有馬記念後「賛否呼ぶ」2歳王者決定戦!威風堂々・超良血サートゥルナーリア出陣!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事