NEW

JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!

【この記事のキーワード】, ,
JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!の画像1

 まさに「世代交代」を深く印象付ける勝利だった。

 23日に中山競馬場で開催された年末の大一番・有馬記念(G1)は3歳馬のブラストワンピースが勝利。直線半ばで抜け出すと、最後は1番人気レイデオロの猛追を振り切ってG1初制覇を飾った。

“外国人騎手旋風”が大きく注目されている今秋のG1戦線だが、彼ら、そして池添謙一騎手によって導かれ、堂々の世代交代を告げたのが今年の3歳勢だ。

 マイルCS(G1)を勝ったステルヴィオを皮切りにジャパンC(G1)のアーモンドアイ、チャンピオンズC(G1)のルヴァンスレーヴ、そして有馬記念(G1)のブラストワンピースと古馬混合G1を4連勝。これは史上初の快挙だ。

JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!の画像2

「単勝1倍台だったアーモンドアイやルヴァンスレーヴだけでなく、ステルヴィオやブラストワンピースも上位人気に支持されての勝利。特別、下馬評を覆したというわけではないところも大きいですね。4頭とも来年以降、各カテゴリーをリードする存在になると思いますし、今秋の勝利も決してフロックではないと思います」(競馬記者)

 毎年、3歳馬のレベルを測る上で最も重要視される秋のG1戦線。2000年以降、その代表的なレース「ジャパンCと有馬記念を3歳馬が連勝」したのは、2001年のジャングルポケットとマンハッタンカフェ、2010年ローズキングダム(2着繰り上がり)とヴィクトワールピサ、2012年のジェンティルドンナとゴールドシップと、今年を含めてもわずか4世代しかいない。

JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?