NEW

JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!の画像1

 まさに「世代交代」を深く印象付ける勝利だった。

 23日に中山競馬場で開催された年末の大一番・有馬記念(G1)は3歳馬のブラストワンピースが勝利。直線半ばで抜け出すと、最後は1番人気レイデオロの猛追を振り切ってG1初制覇を飾った。

“外国人騎手旋風”が大きく注目されている今秋のG1戦線だが、彼ら、そして池添謙一騎手によって導かれ、堂々の世代交代を告げたのが今年の3歳勢だ。

 マイルCS(G1)を勝ったステルヴィオを皮切りにジャパンC(G1)のアーモンドアイ、チャンピオンズC(G1)のルヴァンスレーヴ、そして有馬記念(G1)のブラストワンピースと古馬混合G1を4連勝。これは史上初の快挙だ。

JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!の画像2

「単勝1倍台だったアーモンドアイやルヴァンスレーヴだけでなく、ステルヴィオやブラストワンピースも上位人気に支持されての勝利。特別、下馬評を覆したというわけではないところも大きいですね。4頭とも来年以降、各カテゴリーをリードする存在になると思いますし、今秋の勝利も決してフロックではないと思います」(競馬記者)

 毎年、3歳馬のレベルを測る上で最も重要視される秋のG1戦線。2000年以降、その代表的なレース「ジャパンCと有馬記念を3歳馬が連勝」したのは、2001年のジャングルポケットとマンハッタンカフェ、2010年ローズキングダム(2着繰り上がり)とヴィクトワールピサ、2012年のジェンティルドンナとゴールドシップと、今年を含めてもわずか4世代しかいない。

JRA史上「最強世代」!? 有馬記念ブラストワンピースら3歳勢「歴代最多」古馬G1・4連勝で「伝説」1998年超えの快挙!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!