NEW

東京大賞典(G1)「交流重賞の鬼」サウンドトゥルー豪脚復活間近……適性抜群大井で「地方馬」筆頭

【この記事のキーワード】, ,
東京大賞典(G1)「交流重賞の鬼」サウンドトゥルー豪脚復活間近......適性抜群大井で「地方馬」筆頭の画像1

 12月29日、大井競馬場で開催される東京大賞典(Jpn1、ダート2000メートル)に古豪サウンドトゥルー(セ8歳、船橋・佐藤裕太厩舎)が出走する。今回、その末脚が炸裂するのか検討する。

 ダート交流重賞の鬼がサウンドトゥルー。これまで獲得したG1タイトルは2015年の東京大賞典、2016年のチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)、2017年のJBCクラシック(Jpn1、ダート2000メートル)の3つ。毎年、1つのタイトルをものにしてきた。今年、まだタイトルを獲得していないだけに最後のチャンスに賭けたい。

 今回、サウンドトゥルーは新たなスタートを切る。11月4日のJBCクラシックまでは美浦・高木登厩舎に所属していたが、11月10日、船橋の佐藤裕太厩舎に転厩したからだ。トラブルなどがあったわけではない。JRA所属のまま9歳になると年齢制限のため南関東へ転厩できなくなってしまうからだ。移籍の際、高木調教師は「残念な気持ちはありますが、馬のためには仕方ない。G1を3つも勝たせてくれた厩舎にとっても思い出深い馬」と語っていた。

 サウンドトゥルーの持ち味と言えば誰しも知るところの豪快な追い込み。ペースや展開がはまればアタマに突き抜ける。多少不向きな流れになっても2着、3着には突っ込んでくる。ところが、前走のJBCクラシック(京都開催の1900メートル)は5着だった。8歳の終盤を迎え、加齢による衰えが出てきたのだろうか。レースを振り返ってみよう。

 逃げたのはサンライズソア。2、3番手がテイエムジンソクとテーオーエナジー。900メートル通過は55秒3というまずまずの流れ。中団につけていたケイティブレイブが勝負どころで好位に取りつき、直線で抜け出して優勝。ケイティブレイブよりも少し後ろにいたオメガパフュームが差してきて2着。追い込み馬にはきつい展開だったが、末脚が最も目立ったのが4着ノンコノユメと5着サウンドトゥルーだった。

 京都競馬場のダート1900メートルは圧倒的に逃げ、先行有利。このレースを見る限りサウンドトゥルーの末脚は健在と言える。ノンコノユメに先着されたのは、サウンドトゥルーの方がいくぶん早目に仕掛けたからだ、また、ケイティブレイブの福永騎手は完璧な騎乗だった。いつものように先に動いて詰めの甘さを露呈していれば、差はもっと縮まったはず。

東京大賞典(G1)「交流重賞の鬼」サウンドトゥルー豪脚復活間近……適性抜群大井で「地方馬」筆頭のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由