NEW

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役に

【この記事のキーワード】

, ,

 2018年のJRA競馬全レースが終了した。来年の馬券を的中させるためにも、今年のG1レースを振り返えっておこう。今回は3歳クラシック戦線編だ。

【3歳牡馬】

 3歳牡馬クラシック戦線は3冠とも異なる馬の優勝という結果だった。中心馬不在だったと言えるが、将来を期待できる若駒が数多く登場したと見るべきだろう。実際、秋競馬では古馬強豪と対戦した3歳馬が大活躍した。

 皐月賞(G1、芝2000メートル)の最重要トライアル弥生賞(G2、芝2000メートル)を完勝したのがダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)。同馬は朝日杯FS(G1、芝1600メートル)も含め4戦全勝。皐月賞の大本命に目されたが、脚部不安で皐月賞を回避。皐月賞はにわかに混戦模様を呈した。

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役にの画像1

 1番人気は弥生賞こそ2着だったものの、それまで3戦3勝のワグネリアン(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だったが、勝ったのは7番人気の伏兵エポカドーロ(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)。3頭が雁行して先行、そこから数馬身離れた絶好の位置にいたのが功を奏し、直線で見事に抜け出した。

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役にの画像2

 日本ダービー(G1、芝2400メートル)は弥生賞以来となるダノンプレミアムが1番人気だった。皐月賞1番人気のワグネリアンは皐月賞7着、8枠17番ということもあり5番人気という低評価。しかし、ワグネリアンの鞍上福永騎手は思い切りよく4、5番手の好位を取り切り、直線で逃げ粘るエポカドーロを差し切った。福永騎手は19度目の挑戦での初制覇。男泣きに誰もが声援を惜しまなかった。

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!