NEW

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役に

【この記事のキーワード】, ,

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役にの画像3

 秋、ワグネリアンは神戸新聞杯(G2、2400メートル)を勝ったものの疲れが出て休養。菊花賞の1番人気は新潟記念(G3、2000メートル)から直行してきたブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)。2番人気は神戸新聞杯でワグネリアンと半馬身差の勝負をしたエタリオウ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)。しかし、ここも勝ったのは7番人気の伏兵フィエールマン(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)。ラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)2着からのぶっつけだった。

 3歳牡馬クラシック戦線は多士済々のメンバーが熱戦を繰り広げた。G1タイトルをゲットした馬も惜しくも届かなかった馬も、来年の走りが期待される。

【3歳牝馬】

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役にの画像4

 3歳牝馬クラシック戦線ではアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が3冠を達成。ライバルとは次元の異なる走りを見せた1頭の牝馬がすべての栄光を手にした。

 阪神JF(G1、芝1600メートル)は1着がラッキーライラック(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)、2着がリリーノーブル(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎)。この時点では両頭が桜花賞(G1、芝1600メートル)の最有力候補だった。しかし、1月のシンザン記念(G3、1800メートル)を牡馬相手に快勝したのがアーモンドアイ。

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役にの画像5

 かつてジェンティルドンナがシンザン記念を勝って牝馬3冠を制したように、アーモンドアイにも今後の活躍が大いに期待された。ところが陣営はシンザン記念からぶっつけでの桜花賞参戦を表明、異例のローテーションが話題になる。今年、レースが終わるとノーザンファーム天栄(木實谷雄太場長)に帰る関東馬の斬新なローテーションが大きく注目され、結果も出た。

JRA2018総括「3歳クラシック編」アーモンドアイ三冠、ハイレベル3歳牡馬の躍動で競馬界の主役にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」