NEW

JRA池添謙一「2度結婚」「DV不倫」よりも紆余曲折の騎手人生。オルフェーヴル三冠→外国人で凱旋門賞、勝負強さは当代随一だが……

【この記事のキーワード】, ,
JRA池添謙一「2度結婚」「DV不倫」よりも紆余曲折の騎手人生。オルフェーヴル三冠→外国人で凱旋門賞、勝負強さは当代随一だが......の画像1

 2018年12月23日、平成最後の有馬記念を制したのは3歳馬ブラストワンピースと池添謙一騎手だった。池添はこれで有馬記念最多の4勝という大記録を達成、まさに大一番に強い騎手として、改めてその存在を見せつけた。

 しかしこのブラストワンピースと池添のコンビは、有馬記念で勝利するまでに紆余曲折があった。日本ダービーと菊花賞では、その不甲斐ない騎乗内容から大竹調教師が有馬記念での乗り替わりを示唆したが、シルクレーシングの米本氏の意向としてラストチャンスが与えられたといわれている。

 もしこの有馬記念で結果が出なければ、来年は他の騎手への乗り替わりとなっていただけに、見事勝利を収めたのはさすがの一言。レース前からかなり気合が入っていたというが、来年に向けて首の皮はつながったようだ。

 JRA所属になった外人騎手のクリストフ・ルメールとミルコ・デムーロが関西に所属したことで、関西中堅騎手は騎乗機会が激減した。特にノーザンファームの有力馬はほとんど外国人騎手に流れたため、その状況を見た池添騎手は関東に拠点を移し、騎乗馬を確保するなど必死になっていたのは記憶に新しい。そういった経緯があっての有馬記念だけに、本人も万感の思いだろう。

 今年でデビュー20年、まさに波瀾万丈、激動の20年を歩んできた池添騎手の騎手人生を振り返ってみよう。

 池添は現JRA調教師である池添兼雄の息子として誕生し、弟も調教師の池添学、そして妹は池添のバレットを担当するという、まさに競馬一家だ。武豊に憧れて騎手を目指し、1998年に騎手デビュー。競馬学校の同期には荻野要、 酒井学、白濱雄造、竹之下智昭、太宰啓介、中谷雄太、 野崎孝仁、穂苅寿彦がいるが、間違いなく池添が世代ナンバー1ジョッキーだ。

 デビュー1年目でいきなり北九州記念(G3)を勝つなど38勝、JRAの最多勝利新人騎手を受賞している。そして2002年の桜花賞、13番人気アローキャリーを華麗にエスコートした池添は念願の初G1勝利を達成する。

JRA池添謙一「2度結婚」「DV不倫」よりも紆余曲折の騎手人生。オルフェーヴル三冠→外国人で凱旋門賞、勝負強さは当代随一だが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと