Business Journal >  > 競馬 > 池添謙一紆余曲折  > 3ページ目
NEW

JRA池添謙一「2度結婚」「DV不倫」よりも紆余曲折の騎手人生。オルフェーヴル三冠→外国人で凱旋門賞、勝負強さは当代随一だが……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA池添謙一「2度結婚」「DV不倫」よりも紆余曲折の騎手人生。オルフェーヴル三冠→外国人で凱旋門賞、勝負強さは当代随一だが......の画像3

 プライベートでは現在元タレントの堀あかりとの間に女児がいるが、実は彼女とは二度目の結婚で、出会って7か月のできちゃった婚といわれている。ちなみに一度目の結婚は2004年で、相手はこちらもタレントの永田広海(恋のから騒ぎ8期生)。前妻との間に誕生した子供も大きくなっているようだ。さらに二度目の結婚中に、札幌の美人ホステスと2年間の不倫という報道もあった。その報道には愛人へのDV疑惑もあったといわれるが、その愛人に自動車(ミニクーパー)をプレゼントしたというのだから、相当のめりこんでいたのだろう。

 現在はこういったトラブルは聞かれないが、やはり騎手はターフで結果を残してこそ。有馬記念、宝塚記念などビッグレースでのインパクトから多くのレースを勝利しているイメージがあるかもしれないが、実は年間最多勝利は2010年の73勝で100勝どころか80勝を超えたこともない。この有馬記念をきっかけに、2019年は年間100勝の大台、そしてブラストワンピースとともにさらなる飛躍を期待したい。

JRA池添謙一「2度結婚」「DV不倫」よりも紆余曲折の騎手人生。オルフェーヴル三冠→外国人で凱旋門賞、勝負強さは当代随一だが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!