NEW

JRAホープフルS「サートゥルナーリア切る…とにかく切る!」超絶賛情報ゲットも「激アツ配当最優先」で大忘年会!?

【この記事のキーワード】

, ,

「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑む2018年”最後”の勝負は、28日に開催されるホープフルS(G1)。中距離の2歳王者決定戦に、関係者より仕入れた「極秘ネタ」で挑みたいと思う。

 上位人気が予想されるのは、無傷の2連勝を果たしているサートゥルナーリア。ここまで”G1級”の走りで他馬を圧倒してきた実力馬を、誰が止めるかという下馬評になっているが……。

 詳細は後ほど記すが、本馬に関してはかつてない「絶賛情報」も入手している……それでも、いやだからこそ、ジェームスTは「切り」を選択!「切り」を選択だ!(2回) 後ろ髪を引かれる思いであることを否定はしない。だが、逆らうならここしかないのも事実だろう。

 ここは、打倒サートゥルナーリアに向け「激アツ情報」が浮上している馬を優先し”旨味ある配当”を狙いたいと思う。もう振り向かない。

 本命「◎」に選んだのは、京都2歳S(G3)で2着と好走したブレイキングドーン(牡2、栗東・中竹和也厩舎)だ。

JRAホープフルS「サートゥルナーリア切る...とにかく切る!」超絶賛情報ゲットも「激アツ配当最優先」で大忘年会!?の画像1

 新馬戦は8番人気という低評価を覆し勝利。後続へ3馬身差を付ける圧勝劇をみせた。初重賞挑戦となった前走の京都2歳Sは、接戦をものにできず惜しくも2着に敗れてしまう。

 しかし、誤算のローテーションだったことが影響していることは明白。成長分込みでも、プラス18キロという余裕のある馬体だった。

 それでも、札幌2歳S(G3)3着馬クラージュゲリエと互角の戦いを演じた点は高く評価できる。一叩きして臨む今回は上位争いが濃厚だろう。

「使われた効果が出ているね。素軽くなっているだけではなく、動きに迫力があった。陣営も『仕上がった』と手応えを掴んでいる。前走は新馬戦以来の競馬だったけど『変な気負いは見られなかった』『上手に立ち回ってくれた』と納得の表情だ。

『一叩きして体調はグンと上昇。ココでも差はない。G1級の器』とスタッフは強気。前走以上の走りが期待できるココは、絶対に無視することができないね」(競馬関係者)

JRAホープフルS「サートゥルナーリア切る…とにかく切る!」超絶賛情報ゲットも「激アツ配当最優先」で大忘年会!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!