NEW

JRA2018総括「古馬混合編」3歳馬旋風吹き荒れる! アーモンドアイ4冠にブラストワンピース躍動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA2018総括「古馬混合編」3歳馬旋風吹き荒れる! アーモンドアイ4冠にブラストワンピース躍動の画像1

 2018年のJRA競馬全レースが終了した。来年の馬券を的中させるためにも今年のG1レースを振り返えっておこう。今回は古馬・混合編だ。

 今年の古馬G1戦線の特徴の1つはキタサンブラックに代わる絶対王者が現れなかったこと。3歳馬を除くと複数のG1タイトルを獲得したのはスプリントG1である高松宮記念とスプリンターズSを勝ったファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)だけだった。

 もう1つが秋競馬において3歳馬旋風が吹き荒れたことだ。

 中・長距離戦線を中心に振り返っていこう。今年、無冠ながら大きな飛躍が期待されていたのがスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)。大阪杯(G1、芝2000メートル)では右回りだと内に寄れる癖を早目にまくって克服、G1初制覇に成功した。中距離の王者になれるかどうかは秋競馬の結果次第となった。

JRA2018総括「古馬混合編」3歳馬旋風吹き荒れる! アーモンドアイ4冠にブラストワンピース躍動の画像2

 昨年の日本ダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)とスワーヴリチャードの不在もあり、天皇賞・春は菊花賞(G1、芝3000メートル)2着の実績があったレインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)、宝塚記念は神戸新聞杯(G2、芝2400メートル)でサトノダイヤモンドに肉迫したことのあるミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が優勝した。

JRA2018総括「古馬混合編」3歳馬旋風吹き荒れる! アーモンドアイ4冠にブラストワンピース躍動のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!