怪物サートゥルナーリア「異次元の走り」は世界へ――! 凱旋門賞(G1)で最強女王アーモンドアイとの対決も


「底知れない強さでしたね……デムーロ騎手が『まだ50%の力しか出してない』と話していた通り、ここまで楽勝してきたサートゥルナーリアにとって、今回が初めて本気を見せてくれるレースになると思っていたんですが、まだまだ余裕のあるレースぶり。

一体どこまで強いのか、レースを観たファンからは早くも『春二冠は確実』という声も出始めていますし、元JRA騎手の安藤勝己氏も『デビューしとる同世代の中では完全に頭ひとつ抜けた』と絶賛しています。来春クラシックの『主役』が決まったことは間違いないでしょう」(競馬記者)

 母シーザリオは、これで3頭目のG1馬を輩出。現役時代、日米のオークス(G1)を制した名牝が、繁殖牝馬としても歴史に名を残す名牝となった。

 菊花賞(G1)とジャパンC(G1)を勝った兄エピファネイア、2歳王者のリオンディーズ共に類稀なる能力を秘めながら気性面が大きな課題だったが、父がロードカナロアに替わったサートゥルナーリアは気性も問題なし。デムーロ騎手からは「今日の折り合いなら、距離が2400mになっても大丈夫」と、早くも来春の日本ダービー(G1)を意識した言葉が飛び出している。

 さらにオーナーのキャロットファームの秋田博秋社長からは「シーザリオもアメリカンオークスを勝って、世界に行っても良い精神力がある。順調にダービーまで行けば『その先は世界へ』という話にもなってくる」と海外遠征を示唆する発言。とてつもない可能性を感じさせる本馬の走りに、来年以降の期待は募るばかりだ。

「まだ少し気が早いですが海外遠征するなら、日本競馬の悲願と言われている来秋の凱旋門賞(仏G1)が濃厚でしょうね。斤量面のアドバンテージもありますし、3歳で遠征するメリットは大きいと思いますよ。ロードカナロア産駒だけに『3000mの菊花賞はどうか』という声もありますし、順調に行けば十分選択肢に挙がる可能性はあると思います。

ただ、来年の凱旋門賞は現役No.1のアーモンドアイが目標としているレース。こちらも底知れない怪物ですし、もしフランスで両馬が初対決となれば世界的な注目を集めると思いますね。いずれにせよ、来年の競馬は例年以上の盛り上がりになるかもしれません」(同)

人気記事ランキング

GJ編集部イチオシ記事
重賞レース特集
SNS