NEW

多井隆晴が麻雀Mリ-グ誕生に揺れた「激動の2018年」を語る!「人気No.1」Mリーガーが今、最もアガりたい「役満」とは

【この記事のキーワード】, ,
多井隆晴が麻雀Mリ-グ誕生に揺れた「激動の2018年」を語る!「人気No.1」Mリーガーが今、最もアガりたい「役満」とはの画像1

 麻雀界にとって、間違いなく歴史に残る「2018年」が間もなく終わろうとしている。

 麻雀のイメージを一新し、頭脳スポーツとしてオリンピック正式種目を目指す――。壮大な目標の下に誕生した、国内初の麻雀プロナショナルリーグ『大和証券Mリーグ』(AbemaTV)。国民的知名度を誇る7つの超一流企業がチームスポンサーとして参戦したことで、麻雀は今確実なブームを生もうとしている。

 その巨大な渦の中心にいる21名のMリーガーたち。渋谷ABEMASからドラフト1位指名され、激動の一年を終えた人気No.1プロ多井隆晴(RMU、渋谷ABEMAS)は、この2018年をどう受け止めたのか。改めて振り返ってもらった。

Mリーグ創設に沸いた2018年

――今年はMリーグが創設され、麻雀界にとって歴史に残る一年だったと思います。

多井隆晴プロ(以下、多井):例えば、サッカーで言えばJリーグができた年ですし、麻雀界にとって「分岐」になる一年でしたね。日本初のナショナルリーグですから。正直、考えられなかったですね。

――改めて、Mリーグが創設された意義を振り返って頂けますか?

多井:私はたぶん、他の人よりもMリーグが誕生した意義を強く感じていると思います。Mリーグは藤田(晋、チェアマン・サイバーエージェント代表取締役社長)さんが中心になって創ったもの。自分は、そんな人が監督をするチームのドラフト1位ですから。やっぱり他の人とは感覚が違うと思いますね。

――確かに多井さんが所属される「渋谷ABEMAS」はMリーグの中でも、象徴的な立場のチーム。その注目度や責任もあると思います。

多井:サイバーエージェントは当然として、Mリーグのスポンサーになって頂いているすべての企業のイメージ、務めている社員の方々の思いも背負わなきゃと思っています。近年、結構な麻雀ブームが起こりつつありますけどMリーグができた以上、麻雀界のブームだけで終わらせてはいけない。

広く社会に出て、日本の経済に影響を与えるようなものにしたいですし、いつもTwitterでトレンド入りして、ワイドショーで報じられるようなものにしないと。麻雀界にとって確かに凄いことなんですけど、最早そういう次元じゃないんですよね。社会現象にならなきゃいけない。私はそのリミットが「3年」だと思っています。

――ということは現状ではまだ、そこに至ってない。

多井:足りてないですね。選手だけではなく、ファンや世間に定着するための時間を含めた全体ですね。もう麻雀チャンネルを良くしようという話ではなくて、麻雀チャンネルがあるAbemaTVそのものをもっと上の世界に押し上げる。Mリーグが看板番組になって、インターネットテレビ局のAbemaTVが、地上波の民放に匹敵するような国民的なものにならないと。

――壮大な目標ですね。

多井隆晴が麻雀Mリ-グ誕生に揺れた「激動の2018年」を語る!「人気No.1」Mリーガーが今、最もアガりたい「役満」とはのページです。GJは、麻雀、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  2. 多井隆晴×瀬戸熊直樹「最強位」のMリーグ対談! 禁断の「お前、ダサかったなあw」で号泣・多井がまさかのV字復活!? TEAM雷電「逆転ファイナル」が現実的な2つの理由
  3. Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫る
  4. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  5. Mリーグ赤坂ドリブンズ「逆転セミファイナル進出」への思い激白!「大進化」を振り返る丸山奏子、村上淳は復活のカギは「東家」? 副露王・園田賢が「声を大にして言いたい」こと
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 多井隆晴×松ヶ瀬隆弥、Mリーグ対談! 絶好調の「繊細なる超巨砲」は崖っぷちMリーガー!?「最低+200がノルマ」ビッグマウスの真意とは
  8. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  9. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】
  10. 小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?
  11. 今、明かされるMリーグ2020白鳥翔・松本吉弘・日向藍子、それぞれの「涙」の理由。多井隆晴「5連闘」轟沈で、まさかの号泣終幕から2ヵ月【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー後編】