NEW

JRA「新怪物」サートゥルナーリアに吹き飛ばされた福永祐一……「恋人」シーザリオ最高傑作誕生の陰で漂うダービージョッキーの哀愁

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「新怪物」サートゥルナーリアに吹き飛ばされた福永祐一......「恋人」シーザリオ最高傑作誕生の陰で漂うダービージョッキーの哀愁の画像1

 28日に中山競馬場で開催された今年最後のG1ホープフルSは、単勝1.8倍の1番人気に推された「怪物」サートゥルナーリアの圧勝劇で幕を閉じた。

 主戦のM.デムーロ騎手が「まだ50%の力」と話している通り、これまで余裕たっぷりの2連勝だったサートゥルナーリア。G1レースの今回でようやく”本気の走り”が見られると思われたが、最後の直線であっさりと抜け出すと、またもノーステッキで完勝。

 底知れぬパフォーマンスに年の瀬の中山競馬場はどよめきと歓声に包まれ、ファンの間では早くも「来年の三冠馬」という声も聞かれるほどだ。

 また、主戦のM.デムーロ騎手は29日に大井競馬場で行われた東京大賞典(G1)も快勝し、チャンピオンズC、朝日杯フューチュリティS、ホープフルSに続くG1制覇。一時の不調が嘘のように「12月だけでG1・4勝」という絶好調モードで今年の競馬を締めくくっている。

 その一方、ホープフルSで一際”哀愁”を漂わせたのが、今年のダービージョッキー福永祐一騎手だ。

「勝ち馬が内で動けないうちに先頭に立ち、直線で突き放せればと思ったのですが……」

 そこには哀愁漂うダービージョッキーの姿があったという。サートゥルナーリアの圧勝劇に終わったホープフルSだったが、一歩間違えれば「最悪の展開」もあり得た。最後の直線入り口で包まれて行き場を失ったからだ。

 結果的に、鞍上のデムーロ騎手が強引に進路をこじ開けたことで事なきを得て、その後のワンサイドゲームに繋がったわけだが……その時、王者に「どけっ」と言わんばかりに弾き飛ばされたのが福永騎手とブレイキングドーンだった。

JRA「新怪物」サートゥルナーリアに吹き飛ばされた福永祐一……「恋人」シーザリオ最高傑作誕生の陰で漂うダービージョッキーの哀愁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!