NEW

JRA「史上最強牝馬」アーモンドアイの1年。凱旋門賞へ「海外での可能性」と素質

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「史上最強牝馬」アーモンドアイの1年。凱旋門賞へ「海外での可能性」と素質の画像1

 2018年、日本競馬最大の事件はアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)という3歳牝馬の存在だった。牝馬3冠を達成すると、古馬頂上決戦ジャパンC(G1、芝2400メートル)を驚異的な世界レコードで制した。もはや国内にライバルはいない。同馬の軌跡を振り返るとともに、その能力は海外でも通用するのか。

 桜花賞(G1、芝1600メートル)のアーモンドアイは直線に向くとほぼ最後方から大外を回って力強く伸び、軽々と優勝。抜きん出た能力の高さに誰もが驚嘆した。レース前のC.ルメール騎手のコメントは「トップギアに入ると凄い脚を使います。G1でもチャンスはある」と、今となってはかなり控え目。しかし、レース後のコメントは「トリプルクラウンを狙える」と自信に満ちていた。

 アーモンドアイはいくつかの心配も指摘された。1つが距離不安。父ロードカナロアが名スプリンターだったからだ。実際、ロードカナロア産駒の多くは距離に限界がある。しかし、ロードカナロアをスプリンター、マイラー種牡馬と見るのは適当ではない。単純に言ってしまえばロードカナロアの父キングカメハメハは日本ダービー馬なのだ。長目の距離に不向きな産駒が多いのは、繁殖牝馬の質による。

 アーモンドアイがオークス(G1、芝2400メートル)を勝ち、ジャパンCを制すると、ロードカナロアは母系の長所を引き出す種牡馬という説が定着してきたようだ。アーモンドアイの母はフサイチパンドラ。オークス2着、エリザベス女王杯(G1、芝2200メートル)優勝という実績がある。

 これをさらに実証したのが先日のホープフルS(G1、芝2000メートル)をノーステッキで圧勝した2歳牡馬サートゥルナーリア。父はもちろんロードカナロアだが、母は日米オークスを制したシーザリオ。サートゥルナーリアの兄エピファネイアは菊花賞(G1、芝3000メートル)、ジャパンCを優勝している。

 もう1つ不安視されたのが異例のローテ。桜花賞は1月京都開幕週のシンザン記念(G3、芝1600メートル)からのぶっつけ、秋華賞(G1、芝2000メートル)もオークスからの直行だった。レース間隔が空くのは、一度レースを使うと疲れがたまりやすいからと説明された。ただし、これは競走馬の育成という問題にも大きく関係する。アーモンドアイはレース後ノーザンファーム天栄に帰り、そこで成長を促され、走る度に強くなった。

JRA「史上最強牝馬」アーモンドアイの1年。凱旋門賞へ「海外での可能性」と素質のページです。GJは、競馬、JRAアーモンドアイロードカナロア凱旋門賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!