NEW

2019年JRA展望~アーモンドアイ・3歳クラシック・古馬戦線・角居調教師復活・外国人騎手・地方競馬も~

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年JRA展望~アーモンドアイ・3歳クラシック・古馬戦線・角居調教師復活・外国人騎手・地方競馬も~の画像1

 ホープフルステークスと東京大賞典が終わり、今年の競馬も残りわずかとなった。地方競馬の開催は残しているものの、大きなレースは終了だ。当然のことではあるが、1年が終われば新たな1年が始まる。2019年は日本の競馬界にとってどんな一年になるだろうか、その展望を探ってみたい。

 まずは注目のクラシック戦線から始めよう。JRA最優秀2歳牡馬はサートゥルナーリアとアドマイヤマーズに絞られているが、重賞2勝のアドマイヤマーズが一歩リードか。しかしクラシック戦線となると、スケールの大きさはやはりロードカナロア産駒のサートゥルナーリアだろう。直線の不利をものともせず、あっさり突き抜けたホープフルステークスの内容はまさに圧巻、エピファネイアとリオンディーズの弟という血統にも筋が通っており、3歳クラシック戦線はこの馬が中心となろう。アドマイヤマーズはダイワメジャー産駒で完成度の高さはあるが、やはりスケールでは一歩劣る。そういった意味では同じアドマイヤでもホープフルステークス2着のアドマイヤジャスタの方が一歩上か。さらに年末の2歳重賞に出走しなかった、京都2歳ステークス勝ち馬のクラージュゲリエなども注目であろう。他にも暮れの500万条件を勝利したサトノルークス、葉牡丹賞レコード勝ちのシークレットランなども控えており、まだまだクラシック戦線の全容は固まっていない。

2019年JRA展望~アーモンドアイ・3歳クラシック・古馬戦線・角居調教師復活・外国人騎手・地方競馬も~の画像2

 逆に牝馬戦線は明快だ。グランアレグリアそしてダノンファンタジー、この2頭が世代の中心となるのは確実。ともにディープインパクト産駒でクラシック向きの配合、鞍上もC.ルメールとC.デムーロと来れば、この2頭が中心で間違いあるまい。他には2戦2勝のラヴズオンリーユー、阪神ジュベナイルフィリーズ2着のクロノジェネシスがどの程度差を詰められるか。しかしアーモンドアイのように、後から出てきた馬がまさかの活躍を見せることも念頭に置きたい。同様のパターンをめざす陣営もいるだろうし、やはり直前まで目が離せない。

 古馬に目を移そう。有馬記念を勝利したブラストワンピースとダービー馬ワグネリアン、菊花賞馬フィエールマンの3歳組に、有馬記念2着のレイデオロ、ジャパンカップ2着キセキが中心となるだろう。また、有馬記念で底力を見せつけたシュヴァルグランや、スワーヴリチャードの巻き返し、宝塚記念馬ミッキーロケット、3歳馬のエタリオウ、皐月賞馬エポカドーロにも更なる成長を期待したい。

2019年JRA展望~アーモンドアイ・3歳クラシック・古馬戦線・角居調教師復活・外国人騎手・地方競馬も~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!