NEW

那須川天心「ヤラセ説浮上」「号泣ダサい」メイウェザーパンチにオーバーか?……米格闘家が指摘

【この記事のキーワード】

, ,

「号泣ダサい」那須川天心「ヤラセ説浮上」メイウェザーパンチにオーバーか......憶測広がるの画像1

 格闘技イベント「RIZIN.14」で、キックボクシングの那須川天心に1回2分19秒でTKO勝ちを収めたボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)。

 試合当初はヘラヘラと笑い、那須川のパンチが頬をかすめると一転本気モードに。暴力的なパンチを多数見舞い、あっという間に3度のダウンを奪って勝利した。

 もともと体重の違いや「キックボクサーとボクサーのエキシビション」に批判も多かった今回の試合。「意味のない利益目的のマッチメークはすべきでない」「無謀すぎる」という声もあり、那須川に同情する意見も少なくない。

 国際的にも話題になり、そして批判の対象となってしまったが、一部ではこの試合そのものを「怪しい」とする声もある。

「メディア『THE ANSWER』によれば、米国の総合格闘家を中心に、この試合が『フェイクに見える』という意見も多いようですね。総合格闘家のローリー・マクドナルド氏が『あくまで私の個人的な観点だが、かなりのフェイクに見えてしまった』と発言したのが発端ですが。

那須川さんがパンチを受けて吹っ飛ぶ様が『見たことないリアクション』『吹っ飛びすぎ』というものらしいですが……」(記者)

 また、メイウェザーの本来のボクシングスタイルとは異なる、というのも理由にあるようだ。大きなパンチを振り回すスタイルではないと。

 だが、世間からは「そんなことないだろ」という声が多数だ。

那須川天心「ヤラセ説浮上」「号泣ダサい」メイウェザーパンチにオーバーか?……米格闘家が指摘のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!