NEW

JRAシンザン記念(G3)武幸四郎厩舎に勝負気配!? 関係者「極上情報」から導き出す買い目とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAシンザン記念(G3)武幸四郎厩舎に勝負気配!? 関係者「極上情報」から導き出す買い目とはの画像1

 正月競馬が開幕した。6日には明け3歳馬の重賞第1弾シンザン記念(G3、芝1600メートル)が開催される。昨年はアーモンドアイが勝って、ここから大進撃を開始した。今年もスーパースターが登場するのだろうか。関係者情報を元に予想する。

 新春だからこそ予想も攻めていきたい。「◎」はハッピーアワー(牡3歳、栗東・武幸四郎厩舎)。5戦を消化して【2・2・1・0】と抜群の安定感だ。デビューからの4戦は短距離戦を走り、前走のデイリー杯2歳S(G2、芝1600メートル)は重賞初挑戦かつ初のマイル戦だった。上がり3F最速の脚、アドマイヤマーズの3着は大健闘と言える。2度目のマイル戦で前走以上のパフォーマンスが見込める。

 鞍上は2戦目からずっと手綱を取っている秋山真一郎騎手。大げさに言えば、穴党にとってどんな外国人騎手よりも頼りになる存在。そして同馬を管理するのは昨年3月、厩舎開業初戦で初勝利を上げた武幸四郎厩舎。勝てば重賞初制覇となる。情報からは厩舎の好ムードが伝わってくる。

「『ずっとスタートは遅いのですが、気性面を考慮して秋山騎手が無理をさせていないので距離も保つようになっています。先生は秋山騎手の手腕を買っていますし、同期で初めての重賞を勝てればうれしいでしょうね』とスタッフは好走に自信を持っています」(競馬関係者)

 5戦すべて出遅れ。ここも出遅れれば秋山騎手にカバーしてもらおう。今年は武幸四郎調教師と秋山騎手のコンビが競馬界を騒がすかもしれない。

「○」がミッキーブリランテ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)。前走の未勝利戦は強い勝ち方だった。内目の5番手くらいから直線で抜け出すと2着馬に2馬身半差をつけて圧勝。鞍上坂井瑠星騎手の積極的な位置取り、勝負どころで躊躇しない追い出しは素晴らしかった。オーストラリアでの長期武者修業の成果だろう。ただし、情報からは不安材料も見えてくる。

JRAシンザン記念(G3)武幸四郎厩舎に勝負気配!? 関係者「極上情報」から導き出す買い目とはのページです。GJは、競馬、JRAシンザン記念予想武幸四郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!