NEW

JRAシンザン記念(G3)武幸四郎厩舎に勝負気配!? 関係者「極上情報」から導き出す買い目とは

【この記事のキーワード】, , ,
JRAシンザン記念(G3)武幸四郎厩舎に勝負気配!? 関係者「極上情報」から導き出す買い目とはの画像1

 正月競馬が開幕した。6日には明け3歳馬の重賞第1弾シンザン記念(G3、芝1600メートル)が開催される。昨年はアーモンドアイが勝って、ここから大進撃を開始した。今年もスーパースターが登場するのだろうか。関係者情報を元に予想する。

 新春だからこそ予想も攻めていきたい。「◎」はハッピーアワー(牡3歳、栗東・武幸四郎厩舎)。5戦を消化して【2・2・1・0】と抜群の安定感だ。デビューからの4戦は短距離戦を走り、前走のデイリー杯2歳S(G2、芝1600メートル)は重賞初挑戦かつ初のマイル戦だった。上がり3F最速の脚、アドマイヤマーズの3着は大健闘と言える。2度目のマイル戦で前走以上のパフォーマンスが見込める。

 鞍上は2戦目からずっと手綱を取っている秋山真一郎騎手。大げさに言えば、穴党にとってどんな外国人騎手よりも頼りになる存在。そして同馬を管理するのは昨年3月、厩舎開業初戦で初勝利を上げた武幸四郎厩舎。勝てば重賞初制覇となる。情報からは厩舎の好ムードが伝わってくる。

「『ずっとスタートは遅いのですが、気性面を考慮して秋山騎手が無理をさせていないので距離も保つようになっています。先生は秋山騎手の手腕を買っていますし、同期で初めての重賞を勝てればうれしいでしょうね』とスタッフは好走に自信を持っています」(競馬関係者)

 5戦すべて出遅れ。ここも出遅れれば秋山騎手にカバーしてもらおう。今年は武幸四郎調教師と秋山騎手のコンビが競馬界を騒がすかもしれない。

「○」がミッキーブリランテ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)。前走の未勝利戦は強い勝ち方だった。内目の5番手くらいから直線で抜け出すと2着馬に2馬身半差をつけて圧勝。鞍上坂井瑠星騎手の積極的な位置取り、勝負どころで躊躇しない追い出しは素晴らしかった。オーストラリアでの長期武者修業の成果だろう。ただし、情報からは不安材料も見えてくる。

JRAシンザン記念(G3)武幸四郎厩舎に勝負気配!? 関係者「極上情報」から導き出す買い目とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は