NEW

JRA浜中俊「武豊&ルメール」に騎手存続の危機!? 昨年「10年ぶり」重賞未勝利から逆襲の今シーズンも……

【この記事のキーワード】, , ,
JRA浜中俊「武豊&ルメール」に騎手存続の危機!? 昨年「10年ぶり」重賞未勝利から逆襲の今シーズンも......の画像1

 4日、今年最初の競馬開催を迎え、日本中央競馬会(JRA)が公式ホームページを更新。騎乗仲介者の変更が噂されていた武豊騎手の「新エージェント」が、豊沢信夫氏であることが正式に発表された。

 本サイトの既報通り(武豊新エージェント内定か……あの外国人騎手の新たな受け皿となるメリットデメリット)、昨年11月の段階から長年コンビを組んできた平林雅芳氏の”卒業”に伴い、新エージェントが豊沢氏になるといわれてきた武豊騎手。豊沢氏といえば昨年、武豊騎手の歴代最多・年間212勝を塗り替えたC.ルメール騎手の仲介者として有名なエージェントだ。

 昨年、リーディング10位となる76勝を上げながらも、デビューイヤー以来となるG1未勝利に終わってしまった武豊騎手。今年は大舞台での輝きを取り戻したいシーズンとなり、新エージェントの豊沢氏は「重要なキーマン」と述べても過言ではないだろう。

「武豊騎手のエージェントはずっと平林さんだったので、今年から変更になってどれくらいの影響があるのかは正直まだ未知数。というのも武豊騎手の場合は、例えば今週のシンザン記念(G3)で騎乗するゴータイミングのキーファーズに代表されるように『武豊に乗ってもらいたい』という馬主が決して少なくないからです。

他にもキタサンブラックの北島三郎さんや、コパノリッキーのDr.コパこと小林祥晃さん、クリンチャーのノースヒルズ代表・前田幸治さんなどはエージェントの力というよりは、武豊騎手のカリスマ性が呼び寄せた、いわば武豊ライン。エージェントが豊沢氏に替わっても、そこは変わらないと思いますね」(競馬記者)

 ただ、記者が言うには武豊騎手が豊沢氏と契約してもルメール騎手の”おこぼれ”が回ってくるかは「微妙」だという。

JRA浜中俊「武豊&ルメール」に騎手存続の危機!? 昨年「10年ぶり」重賞未勝利から逆襲の今シーズンも……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声