NEW

JRA和田竜二「神逃げ」武豊、福永祐一を翻弄……「マジックペース」にファン絶賛の嵐

【この記事のキーワード】, , ,
JRA和田竜二「神逃げ」武豊、福永祐一を翻弄......「マジックペース」にファン絶賛の嵐の画像1

 6日の京都競馬は、3歳の出世レースシンザン記念(G3)が開催され、1戦1勝のヴァルディゼール(牡2 栗東・渡辺薫彦厩舎)が勝利。デビュー2連勝とし、鞍上北村友一騎手にとってもクラシックに向けて心強いお手馬ができた格好だ。

 ただ、この日もっとも競馬ファンを「唸らせた」のは、その前の京都10R。冬の長距離オープンとして定着している万葉S(芝3000m)である。

 8頭立ての同レースで断然人気となったのが、武豊鞍上のユーキャンスマイル(牡4 栗東・友道康夫厩舎)。昨年の菊花賞3着馬で、京都競馬場で通算2勝。この日武豊騎手はすでに4勝しており、1.5倍の支持にも驚きは少なかった。2番人気には昨年のステイヤーズS(G3)2着のアドマイヤエイカン(牡6 栗東・須貝尚介厩舎)、3番人気がシーザリオ産駒のグローブシアター(牡5 栗東・中竹和也厩舎)と続いた。

 適性も重要なファクターとなる長距離戦。この3頭でレースが決まると思ったファンも多かったに違いない。しかし、そう簡単にいかないのが競馬だ。

 レースは好スタートを決めたグローブシアターが押してハナを主張しようとするが、それを制して5番人気ヴォージュ(牡6 栗東・西村真幸厩舎)が先頭に立つ。1周目の正面スタンド前ですでに2番手グローブシアターまで7~8馬身、その後ろが3馬身、さらにその後ろも3~4馬身など、100mはあろうかという非常に長い隊列となった。

 1.2コーナー中間のところでグローブシアターがヴォージュにやや詰め寄るが、浜中俊騎手が躊躇したか結局控えたまま。この時点ですでに2番手と3番手の差は10馬身近くあり、ヴォージュと2番手も4馬身。長い隊列は変わらず向正面を迎える。

JRA和田竜二「神逃げ」武豊、福永祐一を翻弄……「マジックペース」にファン絶賛の嵐のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は