NEW

【日経新春杯(G2)展望】武豊「神逃亡?」メイショウテッコンら4歳強豪集う!G1戦線に名乗りを上げるのは......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【日経新春杯(G2)展望】武豊「神逃亡?」メイショウテッコンら4歳強豪集う!G1戦線に名乗りを上げるのは......の画像1

 13日に京都競馬場で日経新春杯(G2、芝2400メートル)が行われる。古馬中・長距離戦線でいち早くG1獲りに名乗りを挙げるのはどの馬か。レースを展望する。

 東西金杯では京都でパクスアメリカーナが優勝、中山でステイフーリッシュが2着と、やはり明け4歳馬が勢いを示した。4歳の有力どころから検討する。昨年後半に台頭してきたのがメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)。ラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)では後に菊花賞馬となるフィエールマンを封じて優勝した。

 神戸新聞杯(G2、芝2400メートル)は日本ダービー馬ワグネリアンが勝ち、半馬身差の2着がエタリオウ。逃げたメイショウテッコンはエタリオウとアタマ差の3着に粘った。先行力を生かせればここでも勝ち負けに持ち込めそうだ。鞍上は武豊騎手。逃げ、先行での神騎乗を期待できる。

 菊花賞(G1、芝3000メートル)で大外18番ながら後方から追い込み5着に好走したのがグローリーヴェイズ(牡4歳、尾関知人厩舎)。全成績は【2・2・0・2】と堅実。2度の着外はあるが掲示板は外していない。3代母は往年の女傑メジロラモーヌ。メジロの血はまだまだ生きている。今年の飛躍を期待できる素質馬だ。ここで重賞初制覇を飾り、堂々と天皇賞・春(G1、芝3200メートル)に乗り込みたい。鞍上は年末に大爆発したM.デムーロ騎手。

【日経新春杯(G2)展望】武豊「神逃亡?」メイショウテッコンら4歳強豪集う!G1戦線に名乗りを上げるのは......の画像2

 菊花賞で上がり馬として注目されたのがアフリカンゴールド(牡4歳、栗東・西園正都厩舎)。10月の兵庫特別(1000万下、芝2400メートル)は4馬身差をつけて勝利。ずっと長目の距離を使われ、2400メートルは望むところだ。兄はドバイワールドC(G1、オールウェザー2000メートル)を優勝したアフリカンストーリー。どんな競走馬に成長していくのか、未知の魅力を秘めている。

【日経新春杯(G2)展望】武豊「神逃亡?」メイショウテッコンら4歳強豪集う!G1戦線に名乗りを上げるのは......のページです。GJは、競馬、メイショウテッコン日経新春杯武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!