NEW

武豊「キタサンブラック2代目」可能性は!? 「逃げ先行」メイショウテッコンの素質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「キタサンブラック2代目」可能性は!? 「逃げ先行」メイショウテッコンの素質の画像1

 13日に行われる日経新春杯(G2、芝2400メートル)に出走する、明け4歳の有力馬の1頭がメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)。競馬界のレジェンド武豊騎手が騎乗する。同馬の可能性を探ってみよう。

 昨年の競馬界における大きなニュースの1つが、武豊騎手の達成した前人未到の4000勝。これをプレゼントした馬がメイショウカズヒメ。インタビューでは「父の代からずっとお世話になっているオーナーの馬で区切りを達成出来て一段と嬉しく思います」とコメント。メイショウテッコンに乗るのもまた「縁」だ。

 メイショウテッコンは春のクラシックには間に合わなかったが、ラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)で重賞初制覇を果たす。その前の白百合S(オープン、芝1800メートル)の1分45秒9という好タイムでの逃げ切りが評価され2番人気だった。1番人気がその後菊花賞(G1、芝3000メートル)を制するフィエールマン。鞍上の松山騎手は控える競馬を試み、3、4番手からの競馬。フィエールマンの猛追を半馬身差しのいだ。

 神戸新聞杯(G2、芝2400メートル)では再びマイペースの逃げ。勝った日本ダービー馬ワグネリアンとは0.1秒差、2着のエタリオウとはタイム差なしのアタマ差に粘る。同世代の一線級と戦っても能力は十分通用することを証明した。菊花賞は5番手に控える競馬となり、馬群の中でリズムを崩し14着に惨敗。しかし、逃げ、先行馬の大敗は度外視していい。高橋義忠調教師も「菊花賞はテンに行けず、この馬が苦手とする形になってしまいましたね」と語っている。

 この日経新春杯は先行馬が多く、ウインテンダネスとロードヴァンドールが逃げを主張する可能性もある。武豊騎手はどんな乗り方をするのだろうか。武豊騎手がメイショウテッコンに乗るのは2度目。初めての騎乗が昨年の1月、今回とコースも距離も同じ梅花賞(500万下)。スタート後、回りの様子を伺いながら600メートルほどの直線を2番手で先行、じわっと先頭に立ったのは1コーナーだった。そのまますんなりと逃げ、猛然と追い込んできたエタリオウにハナ差で勝った。

 このように、リズムを崩さず気分良く走れればメイショウテッコンにとって逃げは必須ではなさそうだ。武豊騎手は逃げ、先行馬で数知れない神騎乗を披露してきた。記憶に新しいのがキタサンブラック。逃げずに先行したレースでは極力、内と外に馬を置かずにスムーズなレース運びに徹した。2016年の有馬記念(G1、芝2500メートル)でサトノダイヤモンドに負けたとき、武豊騎手は道中でサトノノブレスとサトノダイヤモンドに外から並ばれたのが痛かったと語っている。

武豊「キタサンブラック2代目」可能性は!? 「逃げ先行」メイショウテッコンの素質のページです。GJは、競馬、JRAキタサンブラックメイショウテッコン日経新春杯武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!