NEW

JRA「復活」石橋脩いきなり神騎乗に「さすが」関係者も絶賛。”あの厩舎”とノーザンも重用

【この記事のキーワード】, ,
JRA「復活」石橋脩いきなり神騎乗に「さすが」関係者も絶賛。あの厩舎とノーザンも重用の画像1

 2019年も変わらず幕を開けた競馬界。重賞勝利や複数回勝利をあげたことで順調なスタートを切った騎手がいる一方、当然だが多くの有力馬に騎乗するも、1勝もあげられなかった騎手もいる。

 さっそく明暗が分かれているが、落馬からの復活を誓う「あの騎手」は、これ以上ないほどいい形で再始動することができたようだ。5日、中山競馬場第5Rで石橋脩騎手がヒシゲッコウで勝利。復帰初戦で嬉しい2019年初白星をあげている。

 ヒシゲッコウは父ルーラーシップ、母ラルケット。半兄には昨年のマイルCS(G1)を制するなど活躍したステルヴィオがいる。

 レースでヒシゲッコウは外を回りつつ徐々に進出。長くいい脚を使って2着馬を捕らえると、そのまま突き放してゴールを駆け抜けた。レース後、石橋騎手は「3角から仕掛けると力強く伸びてくれた」と昨年9月22日以来の勝利をプレゼントしてくれた愛馬を称賛している。

「石橋騎手は勝利後に『いい馬に乗せてもらったおかげ』と話していましたが、実はヒシゲッコウは気性面などに難しさを抱えていると言われていました。そのため、能力はピカイチではあるものの、騎乗するためには繊細さが要求され、苦労すると見られていたんです。

 ところが石橋騎手は、その難しい馬をさほど苦にせず乗りこなすことに成功。さらにヒシゲッコウの問題点を考慮しつつ、競馬を教えながら騎乗をしていました。ああいうところはさすがだと思いましたね」(競馬記者)

 関係者たちの中には約3カ月も実戦から離れていたため、『勝負勘を取り戻せていないのでは?』と不安視する者もいたという。だが、石橋騎手はその心配が杞憂であることをあっさりと証明している。

JRA「復活」石橋脩いきなり神騎乗に「さすが」関係者も絶賛。”あの厩舎”とノーザンも重用のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声