NEW

JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?の画像1カテドラル(JBISサーチ公式サイト

 3日間開催の最終日、14日、春のクラシックを目指す3歳馬が京成杯(G3、芝2000メートル)で競う。今回は伏兵扱いとなりそうなのがカテドラル(牡3歳、栗東・池添学厩舎)。好走の条件を探ってみよう。

 前走東スポ杯2歳S(G3、芝1800メートル)には例年素質馬が集う。昨年もレベルの高い戦いとなり、1着ニシノデイジー、2着アガラス、3着ヴァンドギャルド、4着ヴェロックスはハナ+アタマ+ハナ差の接戦だった。カテドラルは新馬、オープンを連勝した実績が買われ3番人気だったが11着に沈む。道中は4、5番手の先行策。直線に向くと早々と先頭に立とうとするが、後続に次々と交わされた。

 このレースでは首を上げるシーンも見られた。気性的な問題があるのだろうか。新馬戦(芝2000メートル)は2、3番手から直線で抜け出し、2着のトーセンカンビーナに2馬身半差をつける快勝。折り合いを欠くことはなく、走りもダイナミックだったが、ムキになっているようにも見えた。

 2戦目の野路菊S(オープン、芝1800メートル)は出負け気味のスタート。鞍上の福永騎手に押されるとかかり気味に先頭に立ち、そのまま押し切った。やはり力みの感じられる走りで、首を何度か横に振っていた。福永騎手はレース後「道中は物見をするくらいリラックスしていました」と語っていたが、首を振ったり上げたりするのは実は気性的な問題だろう。

 東スポ杯2歳Sの追い切り後、池添学調教師は「負けん気が強くて、並ばれると負けたくないという気持ちで頑張ってしまう気性ですが、レースでは前に馬を置く形なら折り合ってスムーズに走れそうです」とコメントしている。やはり、走りに力が入ってしまうのだ。東スポ杯2歳Sではムキに走りすぎ、早々と力を使い切ってしまい、直線早々で止まってしまったのだ。

 父はハーツクライ、母はアビラ。祖母のAnimatrice、3代母のAlexandrieは2000メートルや2400メートルの重賞を勝っている。カテドラルは距離が長ければ長いほどいい可能性がある。2000メートルの新馬戦では折り合いそのものに問題はなかったが、1800メートルの野路菊Sではかかり気味に逃げ、東スポ杯2歳Sでは府中の長い直線に向くや先頭に踊り出ようとする暴挙に出た。

JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  6. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  7. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦