NEW

JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?

【この記事のキーワード】, ,

 今回の京成杯は2000メートル。池添学調教師が「ゆったり行かす競馬で、リラックスして走ってくれれば」と言うように、1800メートルよりは2000メートルの方が気分良く走れるのであれば、巻き返しは十分に可能だろう。能力的な高さは新馬戦と野路菊Sの強い勝ち方で実証済み。新馬戦は先行、野路菊Sは逃げ。それでどちらも上がり3F最速の脚を使っている。

 そして舞台は中山競馬場。先行できるカテドラルにとっては有利なコースだ。府中とは異なり早目のスパートやまくりが生きやすい。また、野路菊Sでは阪神の坂もこなしている。中山の坂も問題はないはず。

 しかも、4つあるコーナーが味方になってくれる可能性もある。小回りでスピードのつきにくいコーナーならば、余計な力を入れずに走れるかもしれない。これについては池添学調教師も「他馬と並ぶ形では負けまいとして頑張り過ぎたり、少し気持ちの入りやすいところはありますが、コーナー4つの競馬でうまく息を入れて走れるようなら」と希望的観測を示している。リラックスした走りに期待しよう。

 東スポ杯2歳Sで7着だったクリノガウディーは暮れの朝日杯FS(G1、芝1600メートル)で巻き返しに成功。アドマイヤマーズの2着に好走した。カテドラルも中山の2000メートルという条件で皐月賞(G1、芝2000メートル)に向けて反撃したい。ただし、距離的には2000メートルの皐月賞よりも2400メートルの日本ダービー(G1)の方がいいタイプかもしれない。

JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合