NEW

JRA「非情」サートゥルナーリアはルメールに。デムーロがっくり?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「非情」サートゥルナーリアはルメールに。デムーロがっくり?の画像1

 昨年のホープフルS(G1)を制したサートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)。これまではM.デムーロ騎手を背に3戦3勝と結果を残していたが、春のクラシックにはC.ルメール騎手が鞍上を務めると、同馬が所属するキャロットクラブが、ホームページで発表した。

 サートゥルナーリアは、母は史上唯一、日米のオークス(G1)を制したシーザリオ。兄には菊花賞(G1)とジャパンC(G1)を勝ったエピファネイア、2歳王者に輝いたリオンディーズなどがいる超良血。

 これまでデムーロ騎手が主戦を務め、デビュー戦を単勝1.1倍という圧倒的な支持に応えて圧勝すると、次走の萩S(OP)も快勝。年末に開催されるホープフルSへ向かった。

 そのレースで絶好のスタートを切ったサートゥルナーリア。馬群が凝縮した4角で他馬に包まれそうになるも、デムーロ騎手がやや強引に進路をこじ開け進出。最後の直線では伸びのある脚を見せて他馬を圧倒し、デムーロ騎手は勝利を確信したかのようにガッツポーズを見せつつゴール板を駆け抜けた。

「デムーロ騎手は萩S後に『かなりのポテンシャルがあります』と将来性を楽しみにしているコメントを寄せ、そしてホープフルSのあとは『来年が楽しみです。頑張ります』と、来年のクラシックでの共闘を希望していました。

 それにもかかわらず、まさかの乗り替わり。たしかにホープフルSでは一瞬ヒヤッとしましたが、それでも勝利しています。本人としても無念でしょうね」(競馬誌ライター)

JRA「非情」サートゥルナーリアはルメールに。デムーロがっくり?のページです。GJは、競馬、サートゥルナーリアデムーロルメールの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!