NEW

【フェアリーS(G3)展望】良血レーヴドカナロアに好機到来? ハイレベル3歳牝馬戦線にヒロイン候補また1頭?

【この記事のキーワード】, ,
【フェアリーS(G3)展望】良血レーヴドカナロアに好機到来? ハイレベル3歳牝馬戦線にヒロイン候補また1頭?の画像1

 今週末の競馬は3日間開催となるが、その初日に開催されるのがフェアリーS(G3)。例年のように高配当が飛び出す波乱含みのレースだが、今年も新馬戦や未勝利戦を勝ち上がってきたばかりの馬が多数を占めているように、難しいレース。25頭が出走登録をしているため、実力もさることながら抽選を突破して出走権を勝ち取った強運もあわせ持つ馬が、春のクラシック戦線をにぎわせるかもしれない。

 レーヴドカナロア(牝3、栗東・斎藤厩舎)は良血馬の1頭で注目度は高い。札幌でのデビュー戦は中団待機の競馬で脚を溜めると、4コーナー付近からまくり気味に加速。上り最速の末脚で大外から他馬をまとめて差し切る強い勝ち方を見せた。初めての重賞挑戦となったファンタジーS(G3)では人気の一角となったが、道中早めにポジションを取りに動いたことの影響か、直線では新馬戦のときのような末脚は不発。伸びるどころかズルズルと後退して9頭立ての8着という大惨敗。前走からの巻き返しを狙う今回のレースだがスタートがあまり早くないこの馬にとっては距離が延長される点は好材料となりそう。兄弟馬には重賞ウィナーが多数いる名門一族だけに、ここを制して一気に春の主役候補になれるだろうか。

 重賞実績があるアマーティ(牝3、美浦・武井厩舎)は休み明けとなるが、ここでも当然有力な存在だ。サウジアラビアRC(G3)では別格だったグランアレグリアに大きく差を着けられたが、牡馬に交じっての3着という結果は高い能力がないと出せない成績だったはずだ。このレースで骨折のアクシデントが発生し、阪神JF(G1)への出走は見送ることになったが、すでに回復。故障の発覚後から陣営はこのレースを目標に調教も順調にこなしており、状態面での不安もなさそうだ。出走予定馬の中では唯一重賞での実績を残している馬だけに、無様な走りはできない。

 このほかでは2勝を上げて出走が確定しているホウオウカトリーヌ(牝3、美浦・栗田厩舎)や、新馬戦を快勝しているアクアミラビリス(牝3、栗東・吉村厩舎)なども今後が楽しみな存在だろう。

 3歳牝馬には2歳女王のダノンファンタジーや、果敢に牡馬と戦ったグランアレグリアと強敵が多いが、ここからその2頭に並ぶ活躍馬が出るかもしれない。春のクラシック戦線にもつながるであろうフェアリーS(G3)は、12日(土)15時35分に中山競馬場で発走予定だ。

【フェアリーS(G3)展望】良血レーヴドカナロアに好機到来? ハイレベル3歳牝馬戦線にヒロイン候補また1頭?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?