NEW

JRA「3億母の仔」ランフォザローゼス開花へ。京成杯(G3)に向け状態は?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「3億母の仔」ランフォザローゼス開花へ。京成杯(G3)に向け状態は?の画像1

 14日(祝・月)、中山競馬場で行われる京成杯(G3、芝2000m)。皐月賞と同じ舞台で行われる3歳重賞であり、クラシックレースに向けて、各馬の将来性や距離適性を占える大事な一戦だ。

 ここの出走馬で注目したいのがランフォザローゼス(牡3、美浦・藤沢和雄)。父キングカメハメハ、母ラストグルーヴ、その父ディープインパクトという血統。母のラストグルーヴは名牝エアグルーヴの仔であり、半兄姉にアドマイヤグルーヴ、ルーラーシップなどがいる良血馬で、11年のセレクトセールで3億6000万円で落札された馬だった。

 そんな母を持つランフォザローゼスは、17年のセレクトセールにて1億3500万円で落札され、昨年10月東京芝2000mの新馬戦でデビュー。道中2番手から直線半ばで先頭に立ち、迫ってくる2着馬を退けての勝利。

 騎乗したルメール騎手が「力がありますね。2着馬が来たらまた伸びてくれました。スタミナがありそうで、長い距離でも問題ないでしょう」と振り返っているように、この段階で非常に高い完成度を見せている。

 そして挑んだ前走の葉牡丹賞。新馬戦でのパフォーマンスが評価され、単勝オッズ1.9倍の1番人気に支持されたが、勝ったシークレットランから1馬身差の2着に終わった。しかしレースを振り返ると、人気を集めていたことでマークが集中しており、直線で前が塞がり勝負所でスムーズさを欠いてのもの。勝ちタイムの1:59.6も2歳日本レコードと、非常にハイレベルなレースでもあった。

 クラシックに乗せるためにもここは是非とも賞金を加算したい一戦。今回の鞍上はO.マーフィー騎手となる。マーフィー騎手は13年デビューで今年7年目となる23歳。昨年はドバイターフなどG1・9勝を挙げ、ロンジンワールドベストジョッキーにてL.デットーリ騎手に続く2位にランクインしており(3位はR.ムーア騎手)、「若き天才騎手」とも言われている。

 昨年12月から来日し、有馬記念にも騎乗していた(ミッキーロケット・4着)。今年も年始から3勝を挙げており、今週日本での初重賞勝利を狙いたいところだ。

JRA「3億母の仔」ランフォザローゼス開花へ。京成杯(G3)に向け状態は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々