NEW

JRA京成杯(G3)は「素質」で決まる!? シークレットラン超えの「有力情報」でウハウハ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA京成杯(G3)は「素質」で決まる!? シークレットラン超えの「有力情報」でウハウハ?の画像1

 14日(月)に中山競馬場で開催される京成杯(G3)。昨年は勝ち馬のジェネラーレウーノが皐月賞で3着、2着コズミックフォースは日本ダービーで3着と、上位に進出した馬のクラシックでの活躍が目立った。

 昨年の結果、さらに皐月賞と同じ舞台で争われることから、クラシックにも直結する事も考えられるこのレースの予想に「現場の声を最重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから仕入れた「関係者ネタ」で的中を狙う。

 まず本命「◎」に選んだのは、ランフォザローゼス(美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 父キングカメハメハ、母ラストグルーヴ、母父ディープインパクトで母母は名牝エアグルーヴと、絵に描いたような良血馬であるランフォザローゼス。

 昨年10月の新馬戦(東京・芝2000m)でデビュー戦勝ちを飾ると、陣営は2戦目葉牡丹賞を選択。単勝オッズ1.9倍の1番人気に支持されたランフォザローゼスだったものの、レースではシークレットランの後塵を拝する結果に終わる。だが勝ち馬は2歳日本レコードを更新、ランフォザローゼスも過去の記録と同タイムを叩き出すなど非常にハイレベルなレースだったのは間違いない。

「前走は最後の直線でスペースを失い、狭いところをこじ開けるようにして進み2着。スムーズさを欠いたのが痛かったですね。

 レース後は一旦放牧に出し、ここを照準に合わせて調整を行っていたようです。最終追い切りは美浦のWコースで併せ馬。O.マーフィー騎手を背に4ハロン54秒9、ラスト13秒4を記録しました。目立った時計ではありませんが、素軽さも出はじめ、マーフィー騎手も『いい動きだった』と満足気。もう少し距離があってもいいと思うのですが、立ち回りはうまいタイプなので2000mも問題なくこなしてくれるはず。期待できますよ」(競馬関係者)

JRA京成杯(G3)は「素質」で決まる!? シークレットラン超えの「有力情報」でウハウハ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事