NEW

JRAフェアリーS(G3)「安定型」重視の関係者情報予想! 1人気アマーティも不安が

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAフェアリーS(G3)「安定型」重視の関係者情報予想! 1人気アマーティも不安がの画像1

 今週の競馬は3日間開催。連日重賞が組まれている。土曜は中山競馬場で3歳牝馬たちの戦い、フェアリーS(G3、芝1600メートル)が行われる。まずはここを当てて日曜、月曜につなげたい。関係者情報を元に予想する。

 ほとんどが1勝馬という混戦レース。だからこそ安定感のある馬から入る。「◎」はホウオウカトリーヌ(牝3歳、美浦・栗田徹厩舎)。2頭いる2勝馬の1頭。しかも、前走で500万下特別を勝っている。それでも伏兵扱いになってしまうのは、初のマイル戦だからだ。1200メートルを3回、1400メートルを2回走って【2・2・0・1】。陣営は距離適性をどう見ているのだろうか。

「師は『マイル戦になるので、そこがポイント。小回りの中山なら克服してくれると思います』と距離延長でも器用さで相殺できることを強調しています」(競馬関係者)

 マイル戦もこなせそうだ。セールスポイントはペースが速くなっても遅くなっても、折り合いを欠くことなく先行できること。そのうえ上がりも速い。マイル戦でも折り合い、ラストも伸びてくれれば美味しい配当を期待できる。

 新馬戦の勝ち方が良かったアクアミラビリス(牝3歳、栗東・吉村圭司厩舎)が「○」。スタートはあまり良くなかったがスピードの違いで2番手まで進出。上がり3F33秒2の脚で楽勝した。姉は強豪牝馬のクイーンズリング。エリザベス女王杯(G1、芝2200メートル)を優勝、一昨年の有馬記念(G1、芝2500メートル)ではキタサンブラックの2着だった。陣営の期待度は高い。

「まだ線が細くて神経質な面も残りますが素質は高く、さすがはGI馬の妹です。スタッフは『初の関東圏への輸送など心配な点はありますが、それを補って余りあるセンスと潜在能力があります』と自信を持っています」(競馬関係者)

JRAフェアリーS(G3)「安定型」重視の関係者情報予想! 1人気アマーティも不安がのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事