NEW

武豊「3日開催0勝」と「無謀」メイショウテッコン暴走......開幕ダッシュも「天国と地獄」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「3日開催0勝」と「無謀」メイショウテッコン暴走......開幕ダッシュも「天国と地獄」の画像1

 2019年、武豊騎手は開幕3鞍目で初勝利。最終的に土曜2勝、日曜は騎乗機会4連勝の合計6勝をあげて、リーディング首位に立つ幸先の良いスタートを切っていた。

 自身の公式サイトでは、初週にはC.ルメール騎手、M.デムーロ騎手が不在だったため、「鬼の居ぬ間にというのが正直なところですが」と綴ったものの「気分はいいです。この流れに乗っていきましょうか」とこの勢いを持続させたいと語っていた。

 開幕ダッシュに成功した武豊騎手には今後の活躍が期待されていたのだが、早くも一変。先週の3日間開催を1勝もあげることができずに終えることになった。

「この3日間は京都競馬場に腰を据えて騎乗していましたが、土曜日は9戦、日曜は8戦、そして月曜は6戦して未勝利。得意のはずの京都で惨敗しました。しかも単勝1.3倍という圧倒的な支持があったメイショウウグイスでの3着をはじめ、上位人気馬に多く乗ったものの、ほとんどが人気より下の着順に終わっています。陣営からの印象はよくないですね」(競馬誌ライター)

 本人的には天国から地獄といったところだろうか。そして、その不調は開催された日経新春杯(G2)にも影響を及ぼしたようだ。

 武豊騎手はこれまで「逃げ先行」で結果を残していたメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)に騎乗。今回も前で競馬を展開すると見られていたのだが、スタートでまさかの出遅れ。それを取り戻そうとしたのか、1000m時点から進出を開始して、800m過ぎにはトップに立つ。だが早仕掛けでスタミナを失ったのか、メイショウテッコンは残り200mで失速。次々と後続に交わされてしまい、9着でレースを終えている。

武豊「3日開催0勝」と「無謀」メイショウテッコン暴走......開幕ダッシュも「天国と地獄」のページです。GJは、競馬、メイショウテッコン日経新春杯武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!