NEW

AJCC(G2)「大本命」フィエールマン鞍上ルメールに疑問? アーモンドアイ、レイデオロ兼ね合いで乗り替わり必至も「元主戦」に戻れない事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AJCC(G2)「大本命」フィエールマン鞍上ルメールに疑問? アーモンドアイ、レイデオロ兼ね合いで乗り替わり必至も「元主戦」に戻れない事情の画像1

 14日に行われた京成杯(G3)は、C.ルメール騎乗のラストドラフトが勝利。13日の日経新春杯(G2)はM.デムーロ騎手が勝利し、”デムルメ”コンビが早くもそれぞれの2019年初重賞を飾っている。

 開幕週こそ「鬼の居ぬ間に」と武豊騎手が6勝を上げてリーディングトップに立ったが、先週は3日間開催で勝ち星ゼロと失速……今年の競馬もデムルメ中心に回ることを印象づける結果となった。

 そんな「最強コンビ」の一角ルメール騎手が、20日に中山競馬場で行われるAJCC(G2)に、昨年の菊花賞馬フィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)で挑む。

 昨秋はマイルCS(G1)をステルヴィオ、ジャパンC(G1)をアーモンドアイ、そして有馬記念(G1)をブラストワンピースが勝利するなど、古馬混合G1で同世代の3歳馬が大活躍。明け4歳として迎えた2019年も、京都金杯(G3)のパクスアメリカーナと日経新春杯のグローリーヴェイズが、それぞれ1番人気に応えて重賞初制覇。その勢いは留まることを知らない。

「昨年はアーモンドアイが年度代表馬に選ばれて、ルヴァンスレーヴが最優秀ダートホース。すでにメディア間では、今年の4歳世代が今後の競馬界を牽引する『黄金世代』と期待を集めています。

今週のAJCCも『強い馬が勝つ』菊花賞を制したフィエールマンと、世代屈指の中山巧者ジェネラーレウーノの一騎打ちといった様相。特に大本命となりそうなフィエールマンにとっては、負けられない始動戦となりそうです」(競馬記者)

AJCC(G2)「大本命」フィエールマン鞍上ルメールに疑問? アーモンドアイ、レイデオロ兼ね合いで乗り替わり必至も「元主戦」に戻れない事情のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!