NEW

JRA「崩れない古豪」サクラアンプルールのいぶし銀。蛯名正義騎手とともに中山重賞で光放つ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「崩れない古豪」サクラアンプルールのいぶし銀。蛯名正義騎手とともに中山重賞で光放つの画像1

 20日に行われるAJCCには中山巧者として知られるサクラアンプルール(牡8歳、美浦・金成貴史厩舎)が出走する。好走の可能性を探ってみよう。

 大手競馬ポータルサイト「netkeiba.com」でのユーザー投票による予想オッズではサクラアンプルールは4番人気。つまり、フィエールマン、ジェネラーレウーノ、ダンビュライトの3強に次ぐ人気だ。実際のレースでも4、5番人気になりそう。中山コース実績は【3・1・2・5】。馬券圏内率は50%を超える。中山のレースに出走すれば常に馬券検討の対象にしなければならない。

 明け8歳となった古豪。とはいえ、本格化したのは一昨年だ。2016年の暮れ、中山の美浦S(1600万下、芝1800メートル)を勝ってオープン入り。年が明けて2017年の1月、初のオープン戦となった白富士S(オープン、芝2000メートル)でいきなり2着に好走。続く中山記念(G2、芝1800メートル)でネオリアリズムの2着に激走。一躍その名を知らしめた。

 その後、札幌記念(G2、芝2000メートル)を優勝。昨年は日経賞(G2、芝2500メートル)で3着、函館記念(G3、芝2000メートル)で2着と、まだまだ衰えていない底力を示した。本格化した2017年以降、中山コースに限った成績を見てみよう。

2017年2月 中山記念 2着
2017年12月 有馬記念 16着
2018年2月 中山記念 4着
2018年3月 日経賞 3着
2018年12月 有馬記念 7着

 有馬記念(G1、芝2500メートル)以外はすべて好走している。しかも、2017年の有馬記念はスワーヴリチャードの斜行による大きな不利があっての最下位。昨年、大外16番という不利な枠での7着は好走と言える。上がり3Fは3位の脚を使った。距離的には1800メートルから2500メートルまでこなしている。このAJCCで好走できる可能性が高いことがよくわかる。

JRA「崩れない古豪」サクラアンプルールのいぶし銀。蛯名正義騎手とともに中山重賞で光放つのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!