NEW

AJCC(G2)「屈辱」ジェネラーレウーノ陣営がリベンジに燃える!? 菊花賞馬フィエールマン戴冠"アシスト役"の汚名返上へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AJCC(G2)「屈辱」ジェネラーレウーノ陣営がリベンジに燃える!? 菊花賞馬フィエールマン戴冠アシスト役の汚名返上への画像1

「屈辱の結果」に終わった同じ轍を踏むわけにはいかない。

 昨秋、そして年頭から猛威を振るう「黄金世代」明け4歳勢の中でも、屈指の中山実績を誇るジェネラーレウーノ(牡4歳、美浦・矢野英一厩舎)が、20日に中山競馬場で行われるAJCC(G2)に出走する。

「中山で3勝をしているようにコースは合うし、力も十分にある」

 主戦の田辺裕信騎手がそう期待を込める通り、ここまで京成杯(G3)、セントライト記念(G2)の重賞2勝は、いずれも中山コース。皐月賞(G1)でも3着に踏ん張った。

 そんなジェネラーレウーノにとって「庭」といえる中山コースに同世代の菊花賞馬フィエールマンが参戦してきたのだから、まさに飛んで火にいる夏の虫ならぬ"冬"の虫である。前走の借りを返すべく、絶好の"リベンジチャンス"が訪れたと述べても過言ではないだろう。

 2頭が初顔合わせとなった前走の菊花賞(G1)は、ジェネラーレウーノ陣営にとって屈辱の結果となってしまった。

 レースは、逃げ馬のアイトーンが出遅れる波乱のスタート。同じく逃げ宣言をしていたジェネラーレウーノにとっては、楽にハナを切れる絶好の展開だった。最初の1000mは62.7秒と絵に描いたようなスローペース。しかし、『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)でレース中継を担当した吉原功兼アナが「動かない......まったくここまでは動きのない展開」と実況するなど、その後もほぼ動きのないまま推移。

 例年、ペースが上がる「淀の坂」を迎えても各馬はじっとしたまま、レースは典型的な瞬発力勝負となった。

AJCC(G2)「屈辱」ジェネラーレウーノ陣営がリベンジに燃える!? 菊花賞馬フィエールマン戴冠"アシスト役"の汚名返上へのページです。GJは、競馬、AJCCジェネラーレウーノフィエールマンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!