NEW

小室圭さん「実質破談」眞子さまの「状況変化」で完全終了? 実現可能性大の"新制度"

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小室圭さん「実質破談」眞子さまの「状況変化」で完全終了? 実現可能性大の新制度の画像1

 いよいよ「その時」が近づいてきたということか。

 秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚が延期になり、現在は弁護士資格取得のため3年間のアメリカ留学に旅立っている小室圭さん。この件に関するニュースは枚挙に暇がないが、小室さんサイドがまるで動きを見せず、事態が一向に変わらない状況だ。

 しかし、小室さんと秋篠宮家間の状況が変わらずとも「皇室そのもの」の状況が大きく変化する可能性はあるという。

「『女性自身』(光文社)によれば、自民党の大島理森衆議院議長が『女性宮家創設の是非』に関し、本格的に議論すべきと呼びかけ、実現可能性が高くなったと報じました。今年10月の新天皇『即位の礼』が終わった後に議論に入る可能性が高いそうです。世間の多くは女性宮家に賛成の声も多い状況ですが......。

女性宮家が実現すれば、眞子さまはご結婚後も皇室にとどまり、その旦那様は"準皇族"となります。ご結婚されて皇室を抜けられ一般人となられるならともかく、皇室に小室さんを迎え入れるという形が世間的にも皇室的にも許せるのか、という話になります。現状よりもさらに結婚ハードルが上がったと見てもいいでしょうね」(記者)

 以前から議論の対象となっていた女性宮家。眞子さまは天皇陛下から見られて「初孫」となるため、女性宮家の最初の方にふさわしいお立場。男性皇族と結婚する女性のように、小室さんも皇室会議で「審議」された場合、OKをもらえるのかどうか......。

小室圭さん「実質破談」眞子さまの「状況変化」で完全終了? 実現可能性大の"新制度"のページです。GJは、エンタメ、小室圭眞子さま破談の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!