NEW

JRA戸崎圭太「泣きっ面」を府中マスターサンライズノヴァで拭い去る! 「ホーム」で勝利約束?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA戸崎圭太「泣きっ面」を府中マスターサンライズノヴァで拭い去る! 「ホーム」で勝利約束?の画像1

 27日、東京競馬場でフェブラリーS(G1、ダート1600m)の前哨戦である根岸S(G3、ダート1400m)が開催される。今年も多くの有力馬が出走を予定しているなか、ここでの復活が期待されているのが、サンライズノヴァ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 昨年は始動戦となる根岸S(G3)で、勝ち馬のノンコノユメとタイム差なしの2着。続くフェブラリーS(G1)こそ4着で終えたものの、以後OP戦に4度出走して2勝2着2回と好成績を残した。

そして迎えた武蔵野S(G3)では後方の14番手から追走。3コーナーから徐々に進出を開始し、4角手前から加速。最後の直線では上がり最速34秒8の末脚を披露し、ライバルたちを交わしてゴール。得意の形で競馬を進め、1年半ぶりの重賞制覇を達成した。

 だが前走のチャンピオンズC(G1)では変わらず後方から仕掛けるも、先行したルヴァンスレーヴらを捉えることができずに6着。G1の高い壁に跳ね返されてしまった。

「これまで19戦7勝。そのうち、東京競馬場11戦、中山競馬場2戦、大井競馬場1戦とキャリアのほとんどを関東のレースに費やしています。昨年は特にこだわり全8戦中7戦が東京競馬場という徹底ぶりでした。

 それが、チャンピオンズCでついに解禁。これを陣営の自信の現れかと思う人も多かったようです。しかしスタートが得意でないにもかかわらず、ゲート内で待たされてしまい出遅れ。さらにコーナーを4回も回り、器用さも求められる中京競馬場の1800mコースに苦戦しているようにも見え、不完全燃焼のままレースを終えることになりました」(競馬誌ライター)

JRA戸崎圭太「泣きっ面」を府中マスターサンライズノヴァで拭い去る! 「ホーム」で勝利約束?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!