NEW

JRA「悲願」凱旋門賞(G1)アーモンドアイに立ち塞がる「億単位」の壁……日本競馬が50年間「世界の頂点」に立てない理由とは

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「悲願」凱旋門賞(G1)アーモンドアイに立ち塞がる「億単位」の壁......日本競馬が50年間「世界の頂点」に立てない理由とはの画像1

 昨年、史上5頭目の牝馬三冠を達成し、ジャパンC(G1)では芝2400mの世界レコードを叩き出して圧勝したアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)。

 満票で昨年の年度代表馬に選出されるなど、名実ともに現役最強馬に君臨している歴史的名牝の最大のターゲットがフランスの凱旋門賞(G1)であることは、熱心な競馬ファンなら誰もが知るところだ。

 その上で22日、『アーモンドは凱旋門賞勝てるのか?』というテーマを元に、海外競馬に精通した識者の見解を『スポニチアネックス』が報じている。

 詳しくはぜひ本紙をご覧いただきたいが、国枝調教師や主戦のC.ルメール騎手だけでなく、現役最多勝を誇る藤沢和雄調教師や、元JRA騎手の岡部幸雄氏、海外通の競馬評論家として名高い合田直弘氏など、日本競馬を代表する豪華識者がそれぞれの見解を述べている。

 結論から述べると、答えは概ね「イエス」だった。

 1969年にスピードシンボリが初めて挑戦してから、今年でちょうど50年。その間、数々のトップホースが挑戦するも、未だ頂点に手が届いていない凱旋門賞。日本競馬が進化を繰り返し、世界との距離がずいぶん縮まった昨今、凱旋門賞はただの世界一決定戦というだけでなく、日本競馬そのものの悲願として掲げられている。

 そういった背景もあり、各識者たちの話は、経験を踏まえた見解である一方、日本の競馬に携わるものとしての「願い」が込められているようにも感じられた。

JRA「悲願」凱旋門賞(G1)アーモンドアイに立ち塞がる「億単位」の壁……日本競馬が50年間「世界の頂点」に立てない理由とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか