NEW

JRA「支配者ノーザンと対立」で勝利激減の名調教師……「こだわり」が弊害、しかし”例外”もある

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「支配者ノーザンと対立」で勝利激減の名調教師......? 「こだわり」が弊害、しかし例外もあるの画像1

 JRAは今や「大ノーザン系時代」。社台グループのトップをひた走るノーザンファーム生産馬が幅を利かせているのが現状だ。昨年はJRAのG1全26競走の内16勝をノーザンファーム生産馬が上げる快進撃。勝利回数は662勝で、2位の社台ファーム(311勝)の倍以上である。

 また、馬主リーディングでもいわゆる「ノーザン系」であるサンデーレーシングが152勝でダントツの1位、キャロットファームが117勝で3位につけている。2位のシルクレーシング(118勝)もアーモンドアイ、ブラストワンピースなどを筆頭に活躍馬はノーザンファーム生産が大多数であり、こちらも「ノーザン系」として扱うことができる。つまりは「生産」「オーナー」双方で日本の競馬界を完全に支配しているというわけだ。

 日本最高の外厩施設であるノーザンファーム天栄の効果も絶大で、今や「厩舎の力よりも天栄を使っているかどうかのほうが重要」とまで囁かれるほど。その影響力は競馬界全域に及び、ノーザンから認められることが厩舎の預託馬、騎手の騎乗馬にも大きく影響してしまう状況だ。

 もちろん、実力主義、勝負の世界で圧倒的な結果を残すノーザンは称えられるべきだろう。ただ「ノーザンの意志に添えることが、ホースマンとしての成功の近道」というのもまた事実。それに異を唱えるのはどうしようもなくタブーだ。

 23日に公開された「スポニチアネックス」の記事が話題を呼んでいる。2月に定年を迎える伊藤正徳調教師に関する記事だ。

JRA「支配者ノーザンと対立」で勝利激減の名調教師……「こだわり」が弊害、しかし”例外”もあるのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか