NEW

JRAルメール騎手「燃え尽き症候群」でリーディング陥落の危機!? クラシック大本命サートゥルナーリアにも影響か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAルメール騎手「燃え尽き症候群」でリーディング陥落の危機!? クラシック大本命サートゥルナーリアにも影響かの画像1

 燃え尽き症候群が、はたまたバカンスの影響か――。

 2019年の競馬も、1か月が経った。冬の中山開催が終了し、今週末からは東京開催に移行する。今年も激しいリーディング争いが繰り広げられる中、まず飛び出したのが岩田康誠騎手。2012年のリーディングジョッキーが再び輝きを放っている。それを1勝差で追う川田将雅騎手、O.マーフィー騎手も存在感は抜群だ。

 その一方、ややエンジンがかかっていないのがリーディング「大本命」のC.ルメール騎手だ。

 今年すでに7勝を上げ、7位につけているルメール騎手。年始の開催で騎乗しなかったことを考慮すれば、さすがの成績といえるが、その内容は決して満足のいくものではないようだ。

「ルメール騎手の実力と騎乗馬なら、もうリーディングに立ってても全然おかしくないですよ。ただ、どうも今年は今のところ"取りこぼし"が目立つ印象......単勝1.7倍のフィエールマンで2着に敗れてしまった先週のAJCC(G2)などは、現在のルメール騎手の調子を象徴するようなレースだったと思います」(競馬記者)

 約1年ぶりのレースとなったシャケトラの復活勝利に沸いた先週のAJCC。ただ、この復活劇の"主犯"こそがルメール騎手という声もあるようだ。

 道中、中団につけたフィエールマンだったが、馬群に囲まれるような形で位置取りを下げると、最後の直線でも前を行くシャケトラが壁になり、外からメートルダールのマーフィー騎手に蓋をされる不利。断トツの人気馬だっただけに、楽なレースをさせてもらえないのはもちろんだが、そんなハンデを跳ね返して結果を残してきたのが、昨年のルメール騎手だったともいえる。

 着差がアタマ差だっただけに、一瞬の不利が致命傷となってしまった格好だ。

JRAルメール騎手「燃え尽き症候群」でリーディング陥落の危機!? クラシック大本命サートゥルナーリアにも影響かのページです。GJは、競馬、JRAフィエールマンリーディングルメールの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!