NEW

JRA「石橋脩とルメール」フィエールマン鞍上の「真実」いわゆる「強奪」ではなく......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「石橋脩とルメール」フィエールマン鞍上の「真実」いわゆる「強奪」ではなく......の画像1

 20日に中山競馬場で行われたAJCC(G2)で、単勝1.7倍と圧倒的な支持を得たC.ルメール騎手が騎乗する菊花賞馬フィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)。戦前から確勝級との声も上がっていたものの、最後の直線で最初に抜け出した石橋脩騎手のシャケトラにアタマ差届かず、2着に終わってしまった。

「最後の直線で少し反応が鈍かったみたいですね。ルメール騎手も『(前走が)流れの遅い菊花賞の後だったので、勝負どころでスッと反応できなかった』とレースを振り返っていました。

 ただノーザンファーム天栄の関係者は仕上がりに自信があったのか、『まさか負けるとは......』と呆然としていたと聞いています。そしてここを快勝としてドバイに向かうという計画を立てていたようで、『もしかしたらドバイから招待されないかも』と頭を抱えているみたいですね」(競馬記者)

 フィエールマンの夢を打ち砕いたシャケトラ。また今回シャケトラで勝利した石橋騎手は、新馬戦から3戦、フィエールマンに騎乗していた。菊花賞からルメール騎手に乗り替わっていたが、かつての主戦に敗れるという皮肉な結果に一部のファンは沸いているという。だが、ことフィエールマンの鞍上については少し事情が異なるようだ。

「昨今、大一番を控えた有力馬の鞍上が、ルメール騎手を始めとした外国人騎手たちに変更されることが目立っています。フィエールマンも菊花賞前に石橋騎手からルメール騎手への変更が発表されたため、そのひとつとして見られることが多いです。

JRA「石橋脩とルメール」フィエールマン鞍上の「真実」いわゆる「強奪」ではなく......のページです。GJは、競馬、C.ルメールフィエールマン石橋脩の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!