NEW

武豊「クラシックお手馬確保」クラージュゲリエで共同通信杯(G3)出走も「負の歴史」が......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「クラシックお手馬確保」クラージュゲリエで共同通信杯(G3)出走も「負の歴史」が......の画像1

 昨年のラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)を制したクラージュゲリエ(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)。これまでM.デムーロ騎手、J.モレイラ騎手らが鞍上を務めていたが、今年の始動戦となる共同通信杯(G3)から武豊騎手とコンビを結成することが発表された。

 クラージュゲリエは新馬戦で、2着に2馬身差をつけて快勝。続いて札幌2歳S(G3)では1番人気に支持されるもニシノデイジー、ナイママを捉えることができず3着。まさかの敗戦を喫した。

 そして迎えた京都2歳S。モレイラ騎手を鞍上に道中6、7番手でレースを進め、4角手前から進出開始。最後の直線で馬群を縫うように進んで先頭に立つと、後続の追撃を振り切り勝利を収めている。

「武豊騎手は今年から騎乗仲介者をC.ルメール騎手らを担当している豊沢信夫氏に変更しました。その効果はバツグンで、今年は昨年と比べて馬質がめざましく向上。このクラージュゲリエの乗鞍も、敏腕で知られる豊沢氏が持ってきたのではないかとウワサされています。

 共同通信杯には、デムーロ騎手が騎乗する2歳王者アドマイヤマーズが参戦予定。例年以上にハイレベルなレースとなりそうです」(競馬誌ライター)

武豊「クラシックお手馬確保」クラージュゲリエで共同通信杯(G3)出走も「負の歴史」が......のページです。GJは、競馬、クラージュゲリエ共同通信杯武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!