NEW

JRA「和田竜二17年ぶりG1」ミッキーロケット引退。最後まで”らしさ”見せ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「和田竜二17年ぶりG1」ミッキーロケット引退。最後までらしさ見せの画像1

 24日、昨年の宝塚記念(G1)を制したミッキーロケット(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、現役を引退すると「デイリースポーツ」が報じた。

 同紙にミッキーロケットを管理する音無調教師が登場。当初は今年いっぱい現役を続ける予定であり、今年の始動戦となる京都記念へ向けて準備を進めていたものの、「足元の不安のため引退を決断」したと話した。

 ミッキーロケットはこれまで24戦5勝。重賞では好走はすれども、勝利まではあと一歩手が届かない惜しい競馬を続けていた。だが、昨年の宝塚記念でついに悲願のG1初制覇を達成。中団から早めに仕掛け、先頭集団を捉える完璧な競馬を見せ、最後は香港馬ワーザーの猛追をクビ差凌いで勝利を収めた。

「鞍上の和田竜二騎手は、テイエムオペラオーで勝った2001年の天皇賞・春(G1)以来、17年ぶりのG1制覇を成し遂げました。

 そのテイエムオペラオーが同年の5月に急逝していたこともあり、お立ち台で和田騎手は『オペラオーが後押ししてくれたんだと思います』と声を震わせながら話すシーンは、競馬ファンの胸を打ちました。これからもこのコンビの活躍が期待されていたのですが、残念ですね」(競馬記者)

 その後は天皇賞・秋(G1)で5着。暮れの有馬記念(G1)には和田騎手ではなく、O.マーフィー騎手と挑戦して4着。大舞台でも掲示板を外さない”らしい”走りを見せていたが、惜しまれつつターフを去ることとなった。

 今後は優駿スタリオンステーションで、種牡馬になる予定。多くの産駒を送り出してもらいたい。

JRA「和田竜二17年ぶりG1」ミッキーロケット引退。最後までらしさ見せの画像2

JRA「和田竜二17年ぶりG1」ミッキーロケット引退。最後まで”らしさ”見せのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!