NEW

JRA「覚醒」に武豊も複雑? エアウィンザー2019始動戦で指名なく......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「覚醒」に武豊も複雑? エアウィンザー2019始動戦で指名なく......の画像1

 昨年12月のチャレンジカップ(G3)で2着に3馬身差をつけて圧勝したエアウィンザー(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)。今年飛躍が期待されている本馬が、藤岡佑介騎手と新コンビで3月10日の金鯱賞(G2)から始動すると発表された。

 エアメサイアの5番仔であるエアウィンザー。デビュー前は「兄のエアスピネルを超える大器」と期待されたものの、3歳春は共同通信杯(G3)で6着が精一杯。クラシック出走も叶わなかった。

 その後も勝ち負けを繰り返していたが、昨年ついにその才能が開花。むらさき賞(1600万下)で後に京成杯オータムH(G3)を勝つミッキーグローリーを抑えて勝利し、降級戦の西宮Sも優勝。さらにカシオペアS(OP)では、大外一気の末脚で快勝してみせた。

 そして迎えたチャレンジC。M.デムーロ騎手を背にしたエアウィンザーは先頭から少し離れた4番手で追走。4角から進出を開始すると、直線で上がり33.7秒の末脚を披露して勝利。重賞初制覇を達成した。

「全兄のエアスピネルは能力は高いといわれていたものの、こと瞬発力に関しては同世代のライバルたちに劣り、いわゆる『ヨーイドン』では分が悪いと言われていました。

 ところが、エアウィンザーは真逆。これまで何度も上がり最速を記録するなど、他の追随を許さない末脚が武器。『キレ味』ならば、世代屈指と見てもいいでしょう。

 これまでエアスピネルは好位で競馬を進めるも決め手に欠いて勝利を逃していましたが、エアウィンザーは兄とはタイプが違うので同じ轍は踏まないでしょう。これからも期待できそうです」(競馬記者)

JRA「覚醒」に武豊も複雑? エアウィンザー2019始動戦で指名なく......のページです。GJは、競馬、エアウィンザー武豊金鯱賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!