NEW

JRA根岸S(G3)コパノキッキング馬主「Dr.コパ」を直撃! 藤田菜七子騎手とG1挑戦の「真意」壮大すぎるプランに驚愕……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA根岸S(G3)コパノキッキング馬主「Dr.コパ」を直撃! 藤田菜七子騎手とG1挑戦の「真意」壮大すぎるプランに驚愕......の画像1

 27日には、東京競馬場でフェブラリーS(G1)の前哨戦となる根岸S(G3)が行われる。昨年は勝ったノンコノユメが、そのまま本番も連勝。馬名通りの「夢」を実現させた。

 今年もダート界の頂点を目指す多士済々なメンバーが集ったが、中でも注目が集まっているのが、前走カペラS(G3)を勝って3連勝を達成したコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山明厩舎)だ。

 そこで今回我々GJ取材陣は、同馬のオーナー小林祥晃ことDr.コパさんを直撃。果たして1400mは大丈夫なのか、勝てばフェブラリーSに進むのか。そして、何よりも以前から、話題になっている藤田菜七子騎手との大レース出走は実現するのか――。

 風水による幸運を呼び込み、史上最多のG1・11勝を上げたコパノリッキーなど、個人馬主として圧倒的な実績を残しているDr.コパさんに今週末への思いと、将来の「夢」を語ってもらった。

――この度は、お忙しい中をありがとうございます。今週の根岸Sにはコパノキッキングが出走予定で、大きな注目を集めています。自信のほどはいかがですか?

Dr.コパさん(以下、敬称略):距離が持てばね。ただ3走前(藤森S・1600万下)に偶然、脚質転換ができちゃったから。スタートして不利を受けてさ、最後方近くまで下がって「逃げ馬がこれじゃダメだな……」と思ったんだけど、ビックリするような末脚で差してきてさ。「なんだ、こんな芸当もできんじゃない」って。

――脚質の幅が広がった。

Dr.コパ:今まで1400mで勝ったことないけど、逃げての結果だから。後ろからでも行ける今だったら、わからないよ。マテラスカイとか行く馬もいるし、サンライズノヴァの少し後ろにつけて。ノヴァがまとめて差し切ったところを、キッキングがさらに差すっていう展開だったらすごいよね。競輪みたいで(笑)

あとはケイアイノーテックだね。NHKマイルC(G1)を勝った馬だけど、お母さん(ケイアイガーベラ)がダートで走った馬だから。あの馬も強かったなあ。自分の馬じゃないけど、楽しみだよ。

――今回は初の左回り。

Dr.コパ:もともとアメリカの馬だから。向こうは左回りが主流だから大丈夫かなと。

――コパさんのマル外馬は珍しい。

JRA根岸S(G3)コパノキッキング馬主「Dr.コパ」を直撃! 藤田菜七子騎手とG1挑戦の「真意」壮大すぎるプランに驚愕……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!